ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

王の影ロプトル【初の下級ジェネレイド】

dandeです。

 

今回は、《王の影ロプトル》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《王の影ロプトル》】

 

 

f:id:dandee:20200111124539j:plain

効果モンスター
星4/炎属性/天使族/攻1500/守1500
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「王の影 ロプトル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターの攻撃力・守備力は相手ターンの間1000アップする。
(3):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なるレベル9の「ジェネレイド」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

ステータスは、属性を除き、ジェネレイドトークンと同じです。

(ジェネレイドトークンは、《王の舞台》の効果でSSされるトークンのこと。)

 

dandee.hatenablog.com

 

 

レベル4【天使族】なので、《失楽の魔女》リクルートできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

(2)効果のパンプアップが強力で、ジェネレイドトークンの攻撃力・守備力が2500まで上がります。

 

 

【ジェネレイドをリクルート

 

 

《王の影ロプトル》の強みは、なんと言っても(3)効果。

 

《光の王マルデル》リクルートできるので、《王の舞台》へのアクセスが増えたのがポイントです。

 

効果モンスター
星9/光属性/植物族/攻2400/守2400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の王 マルデル」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「光の王 マルデル」以外の、「ジェネレイド」カード1枚または植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

 

簡単に【レベル9】が出せるので、《星遺物の胎導》《九字切りの呪符》も使いやすくなりましたね。

そういう意味では、【レベル9】軸のデッキに出張で採用されることもありそう。

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。
●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なるレベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《王の舞台》で相手ターンに《王の影ロプトル》をSSし、ジェネレイドトークン4体をSSする流れが【王】の定番となりました。

《王の影ロプトル》の(3)効果のリリースコストをジェネレイドトークンとすることで、カード消費を軽減できますね。

 

《虚の王ウートガルザ》など、強力な【王】を呼び出しましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。