ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

禁じられた一滴【チェーン不可のモンスター無効化】

dandeです。

 

今回は、4月18日発売予定の RISE OF THE DUELIST に収録される《禁じられた一滴》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《禁じられた一滴》】

 

 

f:id:dandee:20200421071123j:plain

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 

新たな【禁じられた】速攻魔法。

《失楽の魔女》でサーチできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【チェーン不可のモンスター無効化】

 

 

注目はなんといっても、チェーン不可のモンスター無効化。

コストが必要なのが評価を分けますが、速攻魔法という使いやすさを考えれば、十分に強力でしょう。

 

モンスター対策という面だけを見れば、《冥王結界波》との棲み分けが悩みどころ。

「ダメージ0」のデメリットの有無も大きな違いです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

墓地に送るカードは、相手の布陣から考えて、モンスター・魔法・罠のどれで妨害してくるかを見極める必要があります。

プレイヤーのプレイングが問われるカードと言っていいでしょう。

 

 

とはいえ、なるべくコストにしたカードを有効活用したいですよね。

 

例えば、【幻影騎士団】。

 

各種【幻影騎士団】の効果でサーチした【ファントム】を使えば無駄がありません。

《幻影騎士団ダスティローブ》《幻影騎士団サイレントブーツ》を使い分けて、モンスター・魔法・罠を状況に応じてサーチできる点で相性が良いです。

 

《巨神封じの矢》《迷い風》のような再利用できる罠カードも、コストにぴったりですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

また、【エルドリッチ】のような永続系メタカードをセルフ解除して戦うデッキへの採用も考えられます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

永続魔法を軸とする【真竜】や【戦華】も、コストを別のカードのトリガーとして活用できます。トリッキーなプレイングが生まれそうです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

人によって評価が分かれる《禁じられた一滴》。

 

現在、アンケートを実施中です。結果はいかに。

 

ではでは。