ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

魔界劇団 デッキ【ハイパー・ディレクター】

dandeです。

 

今回は、《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》を採用した【魔界劇団】デッキを紹介します。

 

f:id:dandee:20200320160209j:plain

 

 

  目次

 

 

【《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》】

 

 

dandee.hatenablog.com

 

非常に強力な【魔界劇団】専用の【リンク1】。

 

1枚で大量アドに繋げられるパワーカードです。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

魔界劇団-デビル・ヒール1
魔界劇団-ビッグ・スター3
魔界劇団-メロー・マドンナ3
魔界劇団-ワイルド・ホープ
魔界劇団-カーテン・ライザー3
魔界劇団-コミック・リリーフ3
魔界劇団-ティンクル・リトルスター1
魔界劇団-ファンキー・コメディアン1
魔界劇団-エキストラ3
竜剣士ラスターP1
ペンデュラムーチョ1
灰流うらら3
魔界台本「魔王の降臨」3
デュエリストアドベント
墓穴の指名者3
ハーピィの羽根箒1
無限泡影3
ペンデュラム・エリア2

計40

【EX】

魔界劇団-ハイパー・ディレクター3
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム1
パーペチュアルキングデーモン1
I:P マスカレーナ1
トロイメア・ケルベロス
トロイメア・フェニックス1
トロイメア・ユニコーン
召命の神弓-アポロウーサ1
トポロジック・ゼロヴォロス1
双穹の騎士アストラム1
ヴァレルソード・ドラゴン1
ヴァレルエンド・ドラゴン1
爆竜剣士イグニスターP1

 

 

【デッキ解説】

 

 

《魔界劇団-ハイパー・ディレクター》で大幅強化された【魔界劇団】。

 

P効果とモンスター効果をフルに活用するトリッキーなテーマです。

まずは、ひと通りの効果を覚えることから始めましょう。

 

最強の魔界台本ともいわれる《魔界台本「魔王の降臨」》は、当然3積み。

 

 

《魔界劇団-ワイルド・ホープを破壊することで、【魔界劇団】をサーチできるため必須です。

 

f:id:dandee:20200320182338j:plain

 

初動でサーチしたいのは《魔界劇団-メロー・マドンナ》

 

f:id:dandee:20200324081349j:plain

 

単独で強力なP効果に加え、モンスター効果は《魔界劇団-カーテン・ライザー》とのコンボが強力ですね。

 

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守1000
【Pスケール:青7/赤7】
このカード名のP効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードの攻撃力は1100アップする。
(2):1ターンに1度、デッキから「魔界台本」魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「魔界劇団」Pモンスター1体を手札に加える。

 

《魔界劇団-カーテン・ライザー》のモンスター効果には回数制限がありません。

《魔界劇団-ビッグ・スター》なども同様です。これらを活用しつつ、強い盤面に持っていく工夫が必要でしょう。

 

 

また、【魔界劇団】はペンデュラム召喚できるかどうかで展開が大きく左右されるため、Pモンスターは多く採用しています。

 

テーマ外のカードとして、【ペンデュラム】を採用。

デュエリストアドベントでサーチしていきます。

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分または相手のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラム」Pモンスター1体または「ペンデュラム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

《竜剣士ラスターP》は、《魔界劇団-ワイルド・ホープ》を破壊できる貴重な一枚。

 

ペンデュラム・チューナー・効果モンスター(制限カード
星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守   0
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。
【モンスター効果】
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。

 

《ペンデュラムーチョ》も、《魔界劇団-エクストラ》《魔界劇団-ファンキー・コメディアン》をSSできるシナジーがありますね。

 

ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/鳥獣族/攻   0/守   0
【Pスケール:青0/赤0】
(1):このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスターの中から、「ペンデュラムーチョ」以外のPモンスター1体を対象として発動できる。
そのPモンスターを自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のエクストラデッキから、「ペンデュラムーチョ」以外の表側表示のレベル1のPモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

《ペンデュラム・エリア》は、相手の展開抑制札として優秀。

Pスケールの確保のため《増殖するG》を積んでいないので、こちらで代用しました。

 

通常罠
(1):自分フィールドのモンスターがPモンスターのみの場合、自分のPゾーンのカード2枚を対象として発動できる。
そのカード2枚を破壊し、このターンお互いにP召喚以外の特殊召喚ができない。

 

逆にこちらが《増殖するG》をうたれると非常に辛いため、《灰流うらら》《墓穴の指名者》はフル投入。

 

【魔界劇団】は、慣れれば楽しいテーマです。

一度、回してみてはいかがでしょうか。

 

ではでは。