ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

精霊術の使い手【霊使い・憑依をサーチ&セット】

dandeです。

 

今回は、7月4日発売予定のストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-に収録される《精霊術の使い手》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《精霊術の使い手》】

  

 

 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、「憑依」魔法・罠カードの内、2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。

 

一気に2枚の【霊使い】【憑依装着】【憑依】を持って来れるパワーカード。

かわいいイラストに騙されてはいけません。

 

その効果は、いわば【霊使い】版・《ペンデュラム・コール》

《灰流うらら》だけは要注意です。

 

 

なお、【憑依】については魔法・罠カード限定なので、《憑依覚醒-デーモン・リーパー》《憑依覚醒-大稲荷火》といった【霊使い】のキーカードや、《憑依するブラッド・ソウル》はサーチできません。

 

 

また、《大霊術―「一輪」》や各種属性【霊術】もサーチ対象外です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【霊使い・憑依をサーチ&セット】

 

 

《精霊術の使い手》でセットしたいのは、まずは各種【霊使い】でしょうか。

《太陽の魔術師エダ》があれば、効果で【霊使い】を表側表示にすることで、そのリバース効果が発動します。

 

 

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。
手札・デッキから「太陽の魔術師エダ」以外の守備力1500の魔法使い族モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
自分フィールドの裏側表示の魔法使い族モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。

 

他には、《憑依連携》《憑依解放》などの強力な専用罠も候補でしょう。

 

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドに表側表示で置く。

 

永続罠
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「霊使い」モンスターは戦闘では破壊されない。
(2):自分の「憑依装着」モンスターの攻撃力は、相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
(3):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
そのモンスター1体とは元々の属性が異なる守備力1500の魔法使い族モンスター1体を、デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

 

一応、《王家の神殿》があれば、セットしたターンにも発動できますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

【霊使い】デッキ以外で使う場合は、《風霊媒師ウィン》がサーチできることを覚えておきましょう。

【風属性】の汎用サポートカードなので、かなり応用は利くと思います。

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。