ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

霊使い デッキ【風属性軸】

dandeです。

 

今回は、【風属性】軸の【霊使い】デッキを紹介します。

 

 

  目次

 

 

【デッキレシピ】

 

 

f:id:dandee:20200704183335j:plain


霞の谷の巨神鳥2
霊媒師ウィン3
憑依装着-ウィン2
風霊使いウィン2
白翼の魔術師3
ランリュウ
死神鳥シムルグ3
招神鳥シムルグ2
SRベイゴマックス1
SRビーダマシーン3
SRドミノバタフライ3
幻獣機オライオン1
エフェクト・ヴェーラー1
大霊術-「一輪」3
神鳥の霊峰エルブルズ2
テラ・フォーミング1
精霊術の使い手3
憑依覚醒3
ハーピィの羽根箒1

計40

【EX】

TG ハイパー・ライブラリアン1
HSRチャンバライダー1
HSRマッハゴー・イータ1
クリアウィング・ファスト・ドラゴン1
PSYフレームロード・Ω1
覚醒の魔導剣士1
HSRカイドレイク1
水晶機巧-ハリファイバー1
蒼翠の風霊使いウィン1
ハーピィ・コンダクター2
王神鳥シムルグ2
幻獣機アウローラドン
神聖魔皇后セレーネ1

 

 

【デッキ解説】

 

 

当初は【4属性】軸の【霊使い】を組もうと思っていたんですが、使いたいギミックと噛み合わなかったので断念しました。

 

【4属性軸】は、また改めて紹介したいと思います。

 

 

さて、今回のキーカードは《大霊術-「一輪」》

 

dandee.hatenablog.com

 

 

恐らく多くの方は、《憑依連携》などの【憑依】魔法・罠をフル投入した【霊使い】を組んでいるのではないかと思います。

そんな中、あえて変化球を投げてみました。

 

 

 

《大霊術-「一輪」》を軸としたのは、《死神鳥シムルグ》をサーチできるからです。

 

 

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻1500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「死神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。

 

《死神鳥シムルグ》1枚で《王神鳥シムルグ》をリンク召喚できるので、そのサーチ手段が増えたのは大きいです。

 

 《死神鳥シムルグ》を通常召喚し、効果でデッキから《招神鳥シムルグ》を墓地へ送る

⇒《招神鳥シムルグ》の効果で、墓地から自身をSS

⇒《死神鳥シムルグ》+《招神鳥シムルグ》の2体で《ハーピィ・コンダクター》をリンク召喚

⇒《死神鳥シムルグ》の効果で、墓地から自身をSS

⇒《ハーピィ・コンダクター》+《死神鳥シムルグ》の2体で《王神鳥シムルグ》をリンク召喚

 

《王神鳥シムルグ》の効果でSSできる《霞の谷の巨神鳥》は、かつてペンデュラム召喚軸の【魔術師】でも採用されていた制圧モンスター。

何度でも手札に舞い戻り、ペンデュラム召喚される《霞の谷の巨神鳥》に絶望したデュエリストは数知れず。

 

 

 

 

【風属性】の【魔術師】である《白翼の魔術師》は、《覚醒の魔導剣士》シンクロ召喚に使うことで、墓地の魔法カードを回収できます。

 

 

 

【霊使い】最大のパワーカードと言ってもいい《精霊術の使い手》を回収して繰り返し発動しましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

《精霊術の使い手》でサーチできる《風霊媒師ウィン》は、その効果で《死神鳥シムルグ》を始めとするデッキのほぼ全てのモンスターをサーチできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《白翼の魔術師》のPスケールは1なので、《霞の谷の巨神鳥》のペンデュラム召喚をするためにはPスケール8が必要ですね。

 

今回採用したのは《SRドミノバタフライ》

 

 

ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
星2/風属性/機械族/攻 100/守 300
【Pスケール:青8/赤8】
「SRドミノバタフライ」の(2)のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分は風属性モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):手札から風属性モンスター1体を捨て、除外されている自分の風属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
【モンスター効果】
このカードをS素材とする場合、ドラゴン族・機械族の風属性モンスターのS召喚にしか使用できない。
エクストラデッキから特殊召喚したこのカードは、S召喚に使用された場合に除外される。

 

下級【シムルグ】は自己再生した後に除外されるので、P効果で回収できますね。

《白翼の魔術師》も、同じく除外されるデメリットを持っているので相性が良いです。

 

Pスケール1として採用した《SRビーダマシーン》は、そのP効果で《霊使いウィン》を反転させた上、戦闘破壊もされないという相性の良さがあり採用しました。

 

 

ペンデュラム・効果モンスター
星2/風属性/機械族/攻 200/守 100
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分の守備表示モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
このターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

 

デッキ解説は以上です。

 

ではでは。