イゾルデを使ったガスタ展開ルート【少考察】

dandeです。

 

今回は、《聖騎士の追想イゾルデ》を使った【ガスタ】の展開ルートを紹介します。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

 

【《聖騎士の追想イゾルデ》】

 

 

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/戦士族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
(2):デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

【戦士族】デッキにはおなじみの1枚。

 

このブログでもたびたび 悪用 活用してきました。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

 

《聖騎士の追想イゾルデ》の最重要ポイントは、デッキから装備魔法を墓地に送りつつ【戦士族】をSSできる点です。

 

主に《焔聖騎士-リナルド》が呼ばれることが多いですね。

 

 

 

【ガスタにおける活用】

 

 

そんな《聖騎士の追想イゾルデ》ですが、なぜ【ガスタ】に活用できるのかと言うと、《ガスタへの追風》という装備魔法が登場したからです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《聖騎士の追想イゾルデ》の効果で《ガスタへの追風》を落としながら《焔聖騎士-リナルド》をSSすれば、《焔聖騎士-リナルド》の効果で墓地から《ガスタへの追風》を回収できます。

 

また【ガスタ】と相性の良い《脆刃の剣》も、装備魔法なので好相性です。

 

 

 

【展開ルート】

 

 

では、展開ルートの紹介に入ります。

 

まずは動画で見てみましょう。

 

 

 

動画の展開ルートを文字に起こしておきます。

 

 《昇華騎士-エクスパラディン》を通常召喚し、デッキから《チューン・ナイト》を装備

⇒《チューン・ナイト》を自身の効果でSS

⇒《昇華騎士-エクスパラディン》+《チューン・ナイト》の2体で《聖騎士の追想イゾルデ》をリンク召喚し、効果でデッキから《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》をサーチ

⇒《聖騎士の追想イゾルデ》の効果で、デッキから《ガスタへの追風》を墓地へ送ってデッキから《焔聖騎士-リナルド》をSS

⇒《焔聖騎士-リナルド》の効果で、墓地から《ガスタへの追風》を回収

⇒手札から《焔聖騎士-リナルド》を自身の効果でSS(チューナー化)

⇒《焔聖騎士-リナルド》×2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《ガスタ・ガルド》をSS

⇒《ガスタ・ガルド》に《ガスタへの追風》を装備

⇒《ガスタへの追風》の効果で、デッキから《ガスタの神裔ピリカ》をSS

 

 

⇒《ガスタ・ガルド》+《ガスタの神裔ピリカ》の2体で《ダイガスタ・スフィアード》をシンクロ召喚し、効果で墓地から《ガスタの神裔ピリカ》を回収

 

 

⇒手札の《ガスタ・ヴェズル》の効果を発動し、自身をSS

 

 

⇒《ガスタ・ヴェズル》の効果で、デッキから《ガスタ・グリフ》を墓地に送って、手札から《ガスタの神裔ピリカ》をSS

 

 

⇒《ガスタの神裔ピリカ》の効果で、墓地から《ガスタ・ガルド》をSS

⇒《ガスタ・ヴェズル》+《ガスタの神裔ピリカ》の2体で《ダイガスタ・スフィアード》をシンクロ召喚し、効果で墓地から《ガスタ・グリフ》を回収

⇒墓地の《ガスタへの追風》の効果で、手札から《ガスタ・グリフ》を捨ててデッキから《ガスタへの追風》をサーチ

⇒《ガスタ・グリフ》の効果で、デッキから《ガスタ・イグル》をSS

⇒《ガスタ・イグル》+《ダイガスタ・スフィアード》の2体で《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》をシンクロ召喚

 

 

⇒《聖騎士の追想イゾルデ》+《ガスタ・ガルド》の2体で《王神鳥シムルグ》をリンク召喚

 

 

⇒《王神鳥シムルグ》の効果で、エンドフェイズにデッキから《ガスタ・イグル》をSS

 

(相手ターンへ)

 

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》の効果で、自身を除外して《シューティング・ライザー・ドラゴン》をSSし、効果でデッキから《風霊媒師ウィン》を落として自身のレベルを2に

 

 

⇒《シューティング・ライザー・ドラゴン》+《ガスタ・イグル》+《ダイガスタ・スフィアード》の3体で《水晶機巧-グリオンガンド》をシンクロ召喚

 

 

《ガスタ・ヴェズル》や《ガスタ・グリフ》の使い方は、基本に忠実なものになっていると思います。

 

 

《水晶機巧―ハリファイバー》の効果で《ガスタ・ヴェズル》をSSし、《A・ジェネクス・バードマン》で戻すと、《ガスタ・ヴェズル》を擬似サーチできる動きになって強そうです。

 

 

 

【デッキレシピ】

 

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。