極氷獣ポーラ・ペンギン【グレイドルと好相性】

dandeです。

 

今回は《極氷獣ポーラ・ペンギン》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《極氷獣ポーラ・ペンギン》】

 

 

 

チューナー・効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。

 

珍しい【水族】チューナー。

 

《グレイドル・ドラゴン》のシンクロ素材として使えます。

 

 

シンクロ・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻3000/守2000
水族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「グレイドル・ドラゴン」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した時、そのS素材とした水属性モンスターの数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 

また、攻守 800/1000 なので《天帝従騎イデアや《ブラック・ガーデン》の効果でSSできます。

あまり実用的ではないですが。

 

 

 

【グレイドルと好相性】

 

 

上記のとおり、《極氷獣ポーラ・ペンギン》は貴重な【水族】チューナーであり、それだけでも【グレイドル】と相性が良いと言えます。

 

もう一つのポイントは、《グレイドル・スライムJr.》の(1)効果でSSできること。

 

 

チューナー・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻   0/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の「グレイドル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じレベルの水族モンスター1体を手札から特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「グレイドル」モンスター1体を特殊召喚する。

 

SSが通れば、《極氷獣ポーラ・ペンギン》の(1)効果によるバウンス効果が使えますね。

 

 

【ペンギン】の観点でいうと、《ペンギン勇者》の効果でSSできるのがポイントでしょうか。

こちらの場合は、(2)効果によるバウンスを狙っていくことになります。

 

dandee.hatenablog.com

 

多くの可能性を秘めた《極氷獣ポーラ・ペンギン》。

ぜひ使ってみてください。

 

 

さて、ここまで読んでお気づきでしょうか。

 

 

 

【極氷獣】としての考察が全くないことに。

 

 

その辺は、察していただければ幸いです。

 

ではでは。