ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【スポンサーリンク】

混沌領域【白黒、トーチと好相性】

dandeです。

 

今回は、《混沌領域》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《混沌領域》】

 

 

遊戯王 第11期 WPP1-JP014 混沌領域【スーパーレア】
 

 

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から光属性または闇属性のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターとは属性が異なり、レベル4~8の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の通常召喚できない光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキの一番下に戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

フィールド魔法っぽいカード名ですが、通常魔法です。

 

手札コストが必要なものの、サーチ対象が幅広いので、多くのデッキで採用されそうです。

 

個人的には、新規が来た【セイクリッド】に採用して《霊魂の護送船》をサーチしたい。

 

遊戯王/第7期/5弾/GENF-JP035 霊魂の護送船 R

遊戯王/第7期/5弾/GENF-JP035 霊魂の護送船 R

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

【白黒、トーチと好相性】

 

 

《混沌領域》のサーチ候補は、もちろん【カオス】が有力ですが、汎用カードとして見ると、《輝白竜ワイバースター》《暗黒竜コラプサーペント》のいわゆる【白黒】コンビが有力候補でしょう。

 

 

特殊召喚・効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から闇属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「輝白竜 ワイバースター」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「暗黒竜 コラプサーペント」1体を手札に加える。

 

 

特殊召喚・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性モンスター1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
この方法による「暗黒竜 コラプサーペント」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「輝白竜 ワイバースター」1体を手札に加える。

 

《混沌領域》で《輝白竜ワイバースター》をサーチして自身の効果でSSした後、《輝白竜ワイバースター》1体で《ストライカー・ドラゴン》をリンク召喚すれば、墓地に送られた《輝白竜ワイバースター》の効果で《暗黒竜コラプサーペント》をサーチできますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

除外を伴うので《混沌領域》の(2)効果との噛み合いも素晴らしいです。

 

 

また、《混沌領域》のサーチ対象に《トーチ・ゴーレム》が含まれている点にも注目です。

《ダーク・オカルティズム》に次ぐサーチ手段を得たことになりますね。

 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

最近は《トーチ・ゴーレム》と相性の良いモンスターがやたら多いので、そろそろ禁止になってもおかしくないと思っています。

制限改定を震えて待て…。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。