ファイアウォール・ドラゴン【プリコレ特集⑧】

dandeです。

 

今回は、プリコレの収録カードを1枚ずつ紹介していく特集企画・第8回。

 

取り上げるのは《ファイアウォール・ドラゴン》です。

 

 

 

 

【前回のプリコレ】

  

 

dandee.hatenablog.com

 

《D-HERO Bloo-D》を取り上げました。

 

 

【《ファイアウォール・ドラゴン》】

 

 

 

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードの相互リンク先のモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

 

アニメ「遊戯王VRAINS」の主人公・遊作のエースカード。

 

「ファイアウォール」という守りを意識したネーミングですが、実はアグレッシブ。

 

あまりにもアグレッシブすぎて《キャノン・ソルジャー》などの射出系モンスターたちと夜遊びしてしまい、禁止カードになりました。

 

 

 

主人公のエースカードが禁止指定されるという前代未聞の事態。

ですが、このまま終わらないのがエース。

 

 

先日の制限改定禁止カードから制限カードへ緩和され、同時にエラッタされたことは記憶に新しいでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

サイバースの王は帰還した、牙を抜かれて。

 

 

とはいえ、素材指定の緩さとバウンス・サルベージ効果は健在なので、コンボパーツとして使える場面はありそうですね。

 

悪用されないことを祈りつつも、コンボは考えていきたい。

 

ではでは。