マギストス デッキ【憑依覚醒】

dandeです。

 

今回は、【憑依覚醒】を採用した【マギストス】デッキを紹介します。

 

 

 

 

【マギストスと憑依覚醒の相性】

 

 

【マギストス】と【憑依覚醒】の相性については、過去記事で紹介しています。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

主なポイントを書くと、

 

・《法典の大賢者クロウリー》の効果で自身の属性を変えれば、好きな属性の【憑依覚醒】を呼べる。

・《憑依連携》で《絶火の大賢者ゾロア》を蘇生できる。

・【マギストス】は属性がバラバラなので《憑依覚醒》のパンプアップがしやすい。

 

 

今回は採用していませんが、《憑依装着-ライナ》の効果で《絶火の大賢者ゾロア》をサーチできる点も見逃せませんね。 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【デッキレシピ】

 

 

f:id:dandee:20210309235227j:plain



機巧蹄-天迦久御雷2
憑依覚醒-デーモン・リーパー2
憑依覚醒-大稲荷火1
使神官-アスカトル3
赤蟻アスカトル2
絶火の大賢者ゾロア3
結晶の大賢者サンドリヨン3
聖魔の大賢者エンディミオン2
法典の大賢者クロウリー2
Em トリック・クラウン2
エフェクト・ヴェーラー2
三賢者の書3
大いなる魔導2
絶火の妖現1
聖なる法典1
憑依覚醒2
禁じられた一滴2
墓穴の指名者2
ハーピィの羽根箒1
憑依連携2

計40

【EX】

法典の守護者アイワス1
絶火の竜神ヴァフラム1
結晶の魔女サンドリヨン1
結晶の女神ニンアルル1
聖魔の乙女アルテミス2
ヴァレルロード・S・ドラゴン1
ハーピィ・レディ・SC 1
PSYフレームロード・Ω1
灼銀の機竜1
浮鵺城1
真竜皇V・F・D 1
水晶機巧-ハリファイバー1
神聖魔皇后セレーネ1
アクセスコード・トーカー1

 

 

【デッキ解説】

 

 

 

デッキエンジンは《絶火の大賢者ゾロア》なので、なるべく早くサーチしたいところ。

 

 

チューナー・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
(2):このカードが「マギストス」モンスターカードを装備した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「絶火の大賢者ゾロア」以外のレベル4の魔法使い族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 

 

《大いなる魔導》《聖魔の乙女アルテミス》を装備してサーチするのが王道ですね。

 

 

 

 

他にも、下級【マギストス】1体で《聖魔の乙女アルテミス》をリンク召喚し、《機巧蹄-天迦久御雷》の効果で装備するという動きも採用しています。

 

dandee.hatenablog.com

 

もちろん《結晶の魔女サンドリヨン》の効果で直接デッキからSSしてもいいでしょう。

 

 

 

【《使神官-アスカトル》】

 

 

 

効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻2300/守1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
その後、手札・デッキから「赤蟻アスカトル」1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

採用理由は、《使神官-アスカトル》+《赤蟻アスカトル》の2体で《憑依覚醒-デーモン・リーパー》になれる点。

 

 

効果モンスター
星5/地属性/獣族/攻2000/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの表側表示の、魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の地属性モンスター1体を墓地へ送り、手札・デッキから特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「地霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

《使神官-アスカトル》自身も守備力1500 の【魔法使い族】なので、《憑依連携》で蘇生できるのも好相性です。

 

 

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドに表側表示で置く。

 

 

【《ハーピィ・レディ・SC》】

 

 

 

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2600/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「ハーピィ」モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):魔法・罠カードの効果が発動した時、相手フィールドのモンスター1体または自分フィールドの「ハーピィ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 

主に《使神官-アスカトル》の効果を経由して、《憑依覚醒-デーモン・リーパー》+《赤蟻アスカトル》の2体でシンクロ召喚します。

 

《憑依覚醒-デーモン・リーパー》の効果でサーチした《憑依連携》を発動すれば《ハーピィ・レディ・SC》のバウンスが起動するという流れ。

 

《ハーピィ・レディ・SC》のバウンス効果は、装備状態の【マギストス】の効果がトリガーになるのも好相性ですね。

 

 

【《Em トリック・クラウン》】

 

 

 

《法典の大賢者クロウリー》のコストとして墓地へ送れば、自己再生できるのでそのまま好きな属性の【憑依覚醒】のSSに繋がります。

 

《三賢者の書》でSSできる【レベル4】なのもいいですね。

 

 

 

ではでは。