妖眼の相剣師【誘発特化のフルルドリス】

dandeです。

 

今回は、4月17日発売予定の DAWN OF MAJESTY に収録される《妖眼の相剣師》を取り上げます。

 

 

 

 

【《妖眼の相剣師》】

 

 

 

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):効果が無効化されているモンスターがフィールドに存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手がモンスターを特殊召喚した場合、そのモンスターをどこから特殊召喚したかによって以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札:手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●デッキ:自分はデッキから2枚ドローする。
●EXデッキ:EXデッキから特殊召喚されたそのモンスター1体を選んで破壊する。

 

いろいろと初物尽くしのカード。

 

まず、「どこから」という効果テキストが初で、今までありそうでなかった表現です。

《闇・道化師のサギー》にも「どこから」と書かれていますが、これはフレイバーテキストなので除きます。)

 

 

 

そして「そのモンスター1体を選んで」というテキストも初です。

 

「そのモンスター1体」まで言っちゃったら、もうそれ対象に取ってるやろ。

意地でも対象には取らないという鋼の意志を感じますね。

 

f:id:dandee:20210413122937p:plain

 

 

最後の初は、「剣師」というカード名。

これも、ありそうでなかった。

 

 

【攻守が同じ ⇒ 機巧サポート】

 

 

《妖眼の相剣師》は、そのステータスにも注目です。

 

ステータスが《教導の騎士フルルドリス》と同じというのもさる事ながら、攻守が同じなので《機巧狐-宇迦之御魂稲荷》《機巧牙-御神尊真神》のサポートを受けられます。

 

 

 

 

 

 

《機巧狐-宇迦之御魂稲荷》のリクルート効果を使うには、相手の場に【光属性】がいないといけないのがネック。

属性変更カードとのコンボを考えているところです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【誘発特化のフルルドリス】

 

 

《妖眼の相剣師》の(1)効果は、自分・相手メインフェイズに手札からSSできます。

この辺りも、フルルドリスみを感じますね。

 

発動条件は、「効果が無効化されているモンスターがフィールドに存在する」こと。

 

《エフェクト・ヴェーラー》で相手モンスターを無効化すれば、相手ターンでも即SSできますね。

 

 

 

Twitter のリプで頂いたのですが、《絶火の大賢者ゾロア》はなかなか面白そうです。

 

 

 

《絶火の大賢者ゾロア》の効果でSSした【魔法使い族】の効果は無効化されるので《妖眼の相剣師》のSS条件を満たす上、《絶火の大賢者ゾロア》は攻守が同じなので上記の【機巧】サポートも受けられます。

 

【マギストス】デッキでワンチャンあるかも。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《妖眼の相剣師》の(2)効果による牽制に繋げていきたいですね。

 

ではでは。