ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

TGブースター・ラプトル 【待望の非チューナー・レベル1】

dandeです。

 

今日から新制限ですね。

さようならソーサレス、こんにちはテンペスト

 

先日、TG 新規カードについて記事を書きました。 

dandee.hatenablog.com

 

上記の記事でも触れましたが、《TGトライデント・ランチャー》の登場により、【TG】の展開の起点は、《水晶機巧-ハリファイバー》になりました。

しかし、【TG】には《TGストライカー》《TGワーウルフ》以外に優秀な下級が少ないため、展開の起点として、《TGカタパルト・ドラゴン》の重要性が増したと書きました。

 

そんな中で現れた《TGブースター・ラプトル》は、まさに【TG】が求めていたもの。

以下、効果の考察です。 

 

  目次

 

【TGブースター・ラプトル】

  

効果モンスター
星1/風属性/恐竜族/攻 400/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに「TG」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「TG ブースター・ラプトル」以外の「TG」モンスター1体を手札に加える。 

 

【展開の起点となれる新たなTG】


《TGワーウルフ》と同様に、《TGストライカー》と組み合わせることで、召喚権を使わずに《水晶機巧-ハリファイバー》に繋げることができます。

そして《水晶機巧-ハリファイバー》からTGチューナーをリクルートした後に、《TGトライデント・ランチャー》をリンク召喚し、その効果で《TGスクリュー・サーペント》をSSして効果で《TGブースター・ラプトル》を蘇生するとレベル5シンクロが出せます。

また、《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》を【TG】単独でS召喚できるようになったのも嬉しいですね。

 

【レベル1・恐竜族という優秀なステータス】


【TG】と【恐竜族】には特にシナジーはありませんが、《幻創のミセラサウルス》のリクルート効果に対応しており、とても扱いやすいステータスになっています。

《TGスクリュー・サーペント》で蘇生することを考えると、早い段階で場に出しておきたいので、デッキからSSできるというのは重要なポイントです。

 

【貴重なサーチ効果付きのTG】


前回の記事でも触れたとおり、これまでの【TG】は、その相互サーチ効果で「アドを失わない」ことが利点の一つでした。

サーチ効果を持ったTGは4種類で、そこに《TGブースター・ラプトル》が新たに加わることになります。
 

しかし、現代は高速環境。「エンドフェイズにサーチ」という【剛鬼】の劣化版とも言われる遅さは致命的です。さらに、S召喚やリンク召喚の素材とした場合にはサーチができないというのもまた致命的です。

 

では【TG】は、どこに活路を見出すべきか。

前回の記事と同じになりますが、やはり《TG1-EM1》だと思うんですよね。【TG】を組む最大のメリットは。

相手にコントロールを移せばサーチ効果も生かせます。EXの空きが少ない【TG】では、大型リンクモンスターを採用しにくいので、相手から奪ってしまえば解決できます。

 

【TGの今後について】

 

《TGトライデント・ランチャー》の登場で、《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》《TGハルバード・キャノン》をさらに出しやすくなったものの、【TG】の展開力は、【植物リンク】に大きく劣ります。

【TG】は、今後も罠カード主体の【メタビート】寄りの構築に進んでいくのではないでしょうか。

サーチ効果持ちの《TGブースター・ラプトル》の登場で、《リビングデットの呼び声》はさらに強く使えると思いますし、《スキルドレイン》搭載型の【TG】は、中堅クラスのデッキ相手ならまだまだやれる気がします。

展開力のある【メタビート】としての立ち位置で、頑張っていってほしいなと思います。

 

そして、未判明のTG新規にも期待しましょう。

 

ではでは。