ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン【TGが繋ぐ絆】

dandeです。

 

今回は、12月21日発売予定の LEGENDARY GOLD BOX に収録される《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》を取り上げます。

 

アニメ「遊戯王5D's」ファンにはたまらない新規カードとなりました。 

 

 

  目次

 

 

【《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》】

 

 

f:id:dandee:20191221104920j:plain

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 

《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》のリメイクモンスター。

 

f:id:dandee:20191219111616j:plain

 

その素材指定は、チューナー3体を要求しており、なかなかに重いです。

シンクロ召喚を狙うには、相応の工夫が必要でしょう。

 

(4)効果は、リメイク元をリスペクトした効果ですが、帰還が「次の自分エンドフェイズ」と少し遅いので注意。

《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》と同じ仕様の帰還にしてくれたら嬉しかったですが、(3) の除外効果が強力なのでよしとします。

 

f:id:dandee:20191109122733j:plain

 

 

【TGが繋ぐ絆】

 

 

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》の召喚方法は、後述のとおり多数ありますが、ゴッズファンとしてお勧めしたいのは、【TG】によるシンクロ召喚です。

 

 

【TG】は、《水晶機巧-ハリファイバー》を起点として、《TGトライデント・ランチャー》の効果でシンクロモンスター3体を並べ、相手ターンに《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》をシンクロ召喚するのが基本です。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

 

それを応用することで、《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》をシンクロ召喚できます。

 

以下、《水晶機巧-ハリファイバー》を出した後のルートです。

 

 

f:id:dandee:20191108144641j:plain

 

 

・手札に《TGタンク・ラーヴァ》か《TGスクリュー・サーペント》がある場合

 

 《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《TGタンク・ラーヴァ》をSS

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》+《TGタンク・ラーヴァ》の2体で、《TGトライデント・ランチャー》をリンク召喚

⇒効果で、手札・デッキ・墓地から、《TGスクリュー・サーペント》+《TGタンク・ラーヴァ》+《TGタンク・ラーヴァ》をSS

⇒《TGスクリュー・サーペント》+《TGタンク・ラーヴァ》の2体で、《TGスター・ガーディアン》をシンクロ召喚

⇒《TGスター・ガーディアン》の効果で、墓地から《TGスクリュー・サーペント》を回収し、《TGタンク・ラーヴァ》の効果で、TGトークン1体をSS

⇒《TGタンク・ラーヴァ》+TGトークンの2体で、《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》をシンクロ召喚

⇒《TGスター・ガーディアン》の効果で、手札から《TGスクリュー・サーペント》をSS

⇒《TGスクリュー・サーペント》の効果で、墓地から《TGタンク・ラーヴァ》をSS

 

(相手ターンに……)

 

 相手メインフェイズに、《TGスター・ガーディアン》の効果を発動

チューナー3体(《TGスター・ガーディアン》+《TGスクリュー・サーペント》+《TGタンク・ラーヴァ》)シンクロモンスター(《TGレシプロ・ドラゴン・フライ》)で、《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》をシンクロ召喚

 

なお、同じ状況から《シューティング・スター・ドラゴンTG-EX》を出すこともできます。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

遊星とブルーノが繋いだ絆が、ジャックの新たな力になるという熱い展開ですね。

 

これはもう、《シューティング・スター・ドラゴンTG-EX》と《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》を出す【TG】デッキを組むしかないでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

  

【他の召喚方法について】

 

 

とは言うものの、やはり他の召喚方法を知りたい方も多いと思うので、現時点で思いついたものを箇条書きにしておきます。

 

 

・《王者の調和》による疑似シンクロ

 

いきなり邪道な出し方ですが、《王者の調和》はカード名にジャックを象徴する「キング」があり、ある意味王道の召喚方法です。

 

通常罠
(1):相手モンスターが自分のSモンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、以下の効果を適用できる。
●その自分のSモンスターと自分の墓地のチューナー1体を除外し、除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つSモンスター1体を、エクストラデッキからS召喚扱いで特殊召喚する。

 

《クイック・シンクロン》を起点として《ニトロ・ウォリアー》をシンクロ召喚し、《王者の調和》をセットすれば、相手が《ニトロ・ウォリアー》に攻撃した時に、《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》が出せます。

 

dandee.hatenablog.com

 

これもある意味、遊星とジャックの共演と言えるかもしれませんね。

 

 

・《スカーレッド・カーペット》+《レッド・ライジング・ドラゴン》の効果で、【リゾネーター】3体を蘇生

 

《レッド・デーモンズ・ドラゴン》をシンクロ素材とすれば、まさにキングになれますね。

《真炎の爆発》もあわせて使うとさらに強力です。

 

 

・《機械複製術》で【機械族】チューナー3体をSS

 

SSするチューナーは、《ブンボーグ001》が最適でしょう。

 

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

《幻獣機アウローラドンで幻獣機トークン3体をSSし、《ブンボーグ001》の(2)効果で自身を蘇生する動きを活かしつつ、【カラクリ】等を連続シンクロしていけば、《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》に行き着きますね。

 

dandee.hatenablog.com

 

【カラクリ】シンクロモンスターには、後続のチューナーをSSする共通効果があるので、複数のチューナーを要求する《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》との相性も良いですね。

 

ではでは。