ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

星神器デミウルギア 【モンスター効果を受けないリンク3】

 dandeです。

 

今回は、1月12日発売予定のDARK NEOSTORMに収録される《星神器デミウルギア》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《星神器デミウルギア》】

 

 

 

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/下】
レベル5以上のモンスター3体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):リンク召喚したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):種族と属性が異なるモンスター3体を素材としてこのカードがリンク召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(3):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。

 

攻撃力3500 という高攻撃力に加え、「モンスター効果を受けない」という耐性付きのリンク3です。

素材指定が「レベル5以上のモンスター3体」と厳しいので、リンク召喚する方法を考えていきたいと思います。

 

 

【レベル5以上を3体並べる】

 

 

真っ先に浮かぶのは《機械複製術》ですね。

 

通常魔法
(1):自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

 

《星神器デミウルギア》は、(3)効果でデッキから【星遺物】をSSする効果があります。

【星遺物】に絞った場合、《機械複製術》の対象は、《星遺物-『星杖』》《星遺物-『星盾』》《星遺物-『星杯』》の3体になります。

 

その中でも場に並べやすいのは、《星遺物-『星杯』》でしょう。

 

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

同じくDARK NEOSTORMに収録される《星杯の神子イヴ》でSSできるので、手札に《機械複製術》があれば、《星神器デミウルギア》のリンク召喚に繋げられますね。

 

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/水属性/魔法使い族/攻1800/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの「星杯」通常モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
(2):S召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「星杯の神子イヴ」以外の「星杯」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

【星杯】という単位でみると、相性の良い《ブリリアント・フュージョン》で出せる《ジェムナイト・セラフィ》もレベル5なので、《星神器デミウルギア》のリンク素材にできます。

 

その他のデッキでは、【ヴァンパイア】もレベル5以上の展開が得意なので、相性が良いかもしれませんね。

 

 

【(2)効果を使いたい】

 

 

このようにいろいろなリンク召喚方法がありますが、《機械複製術》を使った場合は、《星神器デミウルギア》の(2)効果が使えません。

 

でも、やっぱり使いたいですよね、ぶっぱ効果。

 

 

 

そんな時は、《超量妖精アルファン》を出すといいでしょう。

 

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻   0/守   0
「超量妖精アルファン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。

 

《超量妖精アルファン》の(1)効果で、《超量士レッドレイヤー》を対象にすることで、場の【超量】3体のレベルを5にできます。

【超量】は、種族・属性がバラバラなので、素材に《星神器デミウルギア》をリンク召喚すれば、(2)効果が使えますね。

 

DARK NEOSTORMには、《超量妖精アルファン》をサーチできる《超量士ホワイトレイヤー》が収録されるので、あわせてチェックしておきましょう。

上述のブリリアント・フュージョンで《超量士ホワイトレイヤー》を落として、《超量妖精アルファン》をサーチする動きは強力です。

 

ひとつ注意すべき点としては、《超量妖精アルファン》と《超量士ホワイトレイヤー》は、種族・属性が同じだということですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【デッキレシピ】

 

 

《星神器デミウルギア》の召喚方法についてざっと見てきました。

 

なかなか癖の強いカードですが、モンスター効果を受けない攻撃力3500というのは強力なので、少ない消費で出せれば、十分活躍できるでしょう。

 

後日、【星遺物】+【超量】でデッキ組んだので、記事にしました。

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。