ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

TG デッキ 【TGハルバード・キャノン/バスター】

dandeです。

 

以前、《TGハルバード・キャノン/バスター》について記事を書きました。

 

dandee.hatenablog.com


 

今回は、デッキ紹介になります。

 

 

  目次

 

 

【以前のデッキ紹介記事】

 

 

まず、以前に紹介したデッキ紹介記事を載せます。

基本展開・ルートの説明は、そちらに譲りますが、ひとことで言うと、《水晶機巧-ハリファイバー》《TGタンク・ラーヴァ》が重要であるということです。

 

dandee.hatenablog.com

dandee.hatenablog.com

 

 

【《バスター・モード》を絡めた展開】

 

 

DARK NEOSTORM で【バスター・モード】は、大幅に強化されました。

その中でも、【TG】にとって重要なカードは、《サイキック・リフレクター》でしょう。

 

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイキック族/攻 400/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記されたカードまたは「バスター・モード」1枚をデッキから手札に加える。
(2):手札の「バスター・モード」1枚を相手に見せ、「サイキック・リフレクター」以外の「バスター・モード」のカード名が記された自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、そのレベルを4つまで上げる。

 

このカードの登場により、《緊急テレポート》1枚で、召喚権を使わずに《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚できるようになりました。

さらに、手札に【TG】モンスターが1枚あれば、《TGハルバード・キャノン/バスター》まで出せます。

 

f:id:dandee:20191108145227j:plain

 

 

以下、その展開ルートです。

 

 《緊急テレポート》発動し、《サイキック・リフレクター》SS

⇒効果で、デッキから《バスター・ビースト》サーチ

⇒《バスター・ビースト》効果で、《バスター・ビースト》を捨ててデッキから《バスター・モード》サーチ

⇒《サイキック・リフレクター》の(2)効果で、墓地から《バスター・ビースト》SS

⇒2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚

⇒効果で、デッキから《TGタンク・ラーヴァ》SS

⇒2体で《TGトライデント・ランチャー》をリンク召喚

【TG】の基本展開ルートで《TGハルバード・キャノン》をS召喚 

⇒相手ターンに《バスター・モード》発動し、《TGハルバード・キャノン/バスター》SS

 

上記ルートでは、《サイキック・リフレクター》+《バスター・ビースト》で《スターダスト・ドラゴン》をS召喚し、《スターダスト・ドラゴン/バスター》を出すルートもあるので、状況に応じて使い分けましょう。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

TGハルバード・キャノン/バスター2
スターダスト・ドラゴン/バスター1
TGスクリュー・サーペント3
TGワーウルフ
TGストライカー3
TGタンク・ラーヴァ3
TGブースター・ラプトル3
バスター・ビースト1
バスター・スナイパー2
サイキック・リフレクター3
バスター・モード・ゼロ1
緊急テレポート2
ワン・フォー・ワン2
化石調査1
貪欲な壺3
墓穴の指名者3
死者蘇生1
ハーピィの羽根箒1
TG1-EM1 2
バスター・モード2

計40

【EX】

水晶機巧-ハリファイバー1
TGトライデント・ランチャー2
TGレシプロ・ドラゴン・フライ1
TGスター・ガーディアン2
TGハイパー・ライブラリアン1
TGパワー・グラディエーター
TGブレード・ガンナー1
TGハルバード・キャノン2
サイバース・クアンタム・ドラゴン1
ヴァレルロード・S・ドラゴン1
スターダスト・ドラゴン1
コズミック・ブレイザー・ドラゴン1