ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

クロスローズ・ドラゴン【相手ターンブラロ】

dandeです。

 

今回は、《クロスローズ・ドラゴン》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《クロスローズ・ドラゴン》】

 

 

f:id:dandee:20191128105608j:plain

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻 800
【リンクマーカー:左/下】
種族が異なるモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードと自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
EXデッキから「ローズ」Sモンスターまたは植物族Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドのモンスターが効果で破壊された場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

攻撃力は、《ブラック・ガーデン》を意識した 800ライン

 

f:id:dandee:20191113124604j:plain

 

リンク素材が「種族が異なるモンスター2体」なので、【ローズ・ドラゴン】単体では出せない点に要注意ですね。【植物族】と混ぜるようにデザインされたのでしょうか。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【相手ターンブラロ】

 

 

《クロスローズ・ドラゴン》の(1)効果は、相手メインフェイズにも発動できます。

 

SSできるモンスターは複数ありますが、筆頭は《ブラック・ローズ・ドラゴン》でしょう。

 

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。

 

相手ターンに《ブラック・ローズ・ドラゴン》をSSすることで、フィールドのカードをすべて破壊できるので、相手の行動を大きく妨害できます。

 

《クロスローズ・ドラゴン》の(2)効果が、明らかに《ブラック・ローズ・ドラゴン》の破壊効果を意識したものなので、公式もその組み合わせを想定しているのでしょう。

 

現時点で、《クロスローズ・ドラゴン》の(1)効果でSSできるシンクロモンスターは、↓↓↓ の7体。

 

《ガーデン・ローズ・メイデン》

《アロマセラフィ-ローズマリー

《スプレンディッド・ローズ》

《アロマセラフィ-スイート・マジョラム》

《ヘル・ブランブル》

《ブラック・ローズ・ドラゴン》

《月華竜ブラック・ローズ》

 

特に、【植物族】シンクロモンスターは、今後のカードプールの増加に伴って増えてくると思うので、このカードとの相性を都度検討していきたいところですね。

 

ではでは。