ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

コードブレイカー・ウイルスソードマン【リンク2】

dandeです。

 

今回は、《コードブレイカー・ウイルスソードマン》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《コードブレイカー・ウイルスソードマン》】

 

 

f:id:dandee:20200111105921j:plain

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/戦士族/攻2300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「コードブレイカー・ゼロデイ」1体を選び、リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

コードブレイカー】の展開の起点。

 

(1)効果でコードブレイカー・ゼロデイ》をSSし、コードブレイカー・ウイルスバーサーカーをリンク召喚する流れですね。

 

f:id:dandee:20200111105909j:plain

f:id:dandee:20200111110604j:plain

 

 

【リンク先の確保が重要】

 

 

コードブレイカー・ウイルスソードマン》の(1)効果は、相互リンク状態でなければ発動できません。

 

しかし、リンクマーカーが上・下なので、自分フィールド上に《コードブレイカー・ゼロデイ》をSSしたいなら、下・右下(または下・左下)のリンクモンスターの下に《コードブレイカー・ウイルスソードマン》を出す必要があります。

 

同じ【戦士族】の【リンク2】であれば、《X・HERO ヘル・デバイサー》が該当しますね。

 

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1700
【リンクマーカー:左下/下】
「HERO」モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキの「HERO」融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスターを2体までデッキから手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードのリンク先の悪魔族モンスターの攻撃力・守備力はそのレベル×100アップする。

 

《V・HERO ヴァイオン》からの展開で《X・HERO ヘル・デバイサー》+《コードブレイカー・ウイルスソードマン》の2体は出せます。

 

ここから《コードブレイカー・ウイルスソードマン》+《コードブレイカー・ゼロデイ》の2体で、《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》をリンク召喚し、【リンク4】や【リンク5】に繋げられるのが強力ですね。

 

ではでは。