ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

混沌魔龍カオス・ルーラー【墓地肥やし+自己再生】

dandeです。

 

今回は、《混沌魔龍カオス・ルーラー》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《混沌魔龍カオス・ルーラー》】

 

 

f:id:dandee:20200512233907j:plain

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から光・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは墓地へ送る。
(2):このカード以外の光・闇属性モンスターを1体ずつ、自分の手札・墓地から除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

激戦区の【レベル8】シンクロに、新たな【ドラゴン族】が登場しました。

 

つい先日に《魔救の奇跡-ドラガイト》を紹介したばかりですが、こちらの《混沌魔龍カオス・ルーラー》は、より汎用に近い【闇属性】【光属性】サポートとなっています。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【墓地肥やし+自己再生】

 

 

《混沌魔龍カオス・ルーラー》の(1)効果は、デッキトップから5枚を墓地に送りつつ、その中に【闇属性】か【光属性】モンスターがあれば手札に加えられるというもの。

 

単に墓地肥やし要員として優秀ですし、ランダムサーチができれば大量のアドに繋がる可能性もありますね。

 

私がいま注目しているのは【帝王】における採用。

 

キーカードである《天帝アイテール》《冥帝エレボス》をランダムサーチできます。

 

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「帝王」魔法・罠カード2種類を墓地へ送り、デッキから攻撃力2400以上で守備力1000のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
(2):このカードが手札にある場合、相手メインフェイズに自分の墓地の「帝王」魔法・罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードをアドバンス召喚する。

 

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「帝王」魔法・罠カード2種類を墓地へ送り、相手の手札・フィールド・墓地の中からカード1枚を選んでデッキに戻す。
(2):このカードが墓地にある場合、1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに手札から「帝王」魔法・罠カード1枚を捨て、自分の墓地の攻撃力2400以上で守備力1000のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

《天帝従騎イデア》や《汎神の帝王》など、墓地発動の効果を持つカードがいくつかあるので、墓地肥やしとの相性も良いです。

 

【帝王】に専用チューナーはいませんが、汎用妨害札としても使われる《PSYフレームギア・γ》が有力。

効果が通れば、《PSYフレームギア・γ》+《PSYフレーム・ドライバー》の2体で《混沌魔龍カオス・ルーラー》をシンクロ召喚できますね。

 

 

最近話題の【ヌメロン】のキーカード・《ヌメロン・ウォール》も【闇属性】なので、有力なサーチ候補でしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

《混沌魔龍カオス・ルーラー》の可能性は無限大。

 

ではでは。