ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

転生炎獣ヴァイオレットキマイラ 【転生炎獣はワンキルという新たな武器を得た】

dandeです。

 

10月13日発売のSAVAGE STRIKEで、【転生炎獣】に初の融合モンスターが登場します。

 

ワンキル性能を持っており、【転生炎獣】の戦法に大きく影響を与えるカードになりそうです。

※  従来の【転生炎獣】については、こちらの記事で取り上げています。 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

【《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》】

 

f:id:dandee:20190502085724j:plain

融合・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「サラマングレイト」モンスター+リンクモンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。
(2):このカードが元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。
(3):「転生炎獣ヴァイオレットキマイラ」を素材として融合召喚したこのカードと戦闘を行うモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ0になる。 

 

素材指定が緩く、リンクモンスターも《リンク・ディサイプル》のような簡単に出せるリンク1でいいので、融合召喚はしやすいです。

《超融合》で相手のリンクモンスターを素材にできるようになったことも重要です。

 

【専用サポート《フュージョン・オブ・ファイア》】

 

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を融合召喚する際にぜひ使いたいのが、専用サポートであるこのカード。

 

フュージョン・オブ・ファイア》
通常魔法
このカードはルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札及び自分・相手フィールドから「サラマングレイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 

 

注目すべきなのは、「相手フィールドのモンスターを融合素材にできる」点です。まさに《超融合》の通常魔法版

 

【攻撃力が倍になる】

 

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》には、「元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスター」と戦闘を行う際に、攻撃力が倍になる効果を持っています。

《転生炎獣ヒートライオ》の転生リンク時の効果(相手モンスターの攻撃力を、自分の墓地のモンスターと同じにする。)がやっと活かされることになりました。

 

その他のカードとして、私は《幻影騎士団カースド・ジャベリン》に注目しています。

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/戦士族/攻1600/守   0
レベル2モンスター×2
「幻影騎士団カースド・ジャベリン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
このカードが「幻影騎士団」カードをX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。 

 

《レッド・リゾネーター》や《転生炎獣ミーア》を素材にしてX召喚できるので、《真炎の爆発》がさらに強くなりました。

 

そして、ワンキルサポートとして相性が良いのが《巨大化》。

 

装備魔法
(1):自分のLPが相手より少ない場合、装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。
自分のLPが相手より多い場合、装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力の半分になる。 

 

《巨大化》を装備して効果を使うと、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の攻撃力は 4倍( 11200+α )になります。

自分のライフポイントが多い場合であっても、《巨大化》を相手モンスターに装備させることで、相手モンスターの攻撃力が変化するので、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の②の効果で攻撃力が倍になります。

 

【まとめ】

 

新たな力として『ワンキル』を手に入れた【転生炎獣】。

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》は、《転生炎獣の意志》以来のパワーカードであり、今後、【転生炎獣】の主軸になっていくと思います。

アニメ組の雄として、【サイバース族】【剛鬼】【オルターガイスト】などに追いつけるよう頑張ってほしいですね。

 

※ 別記事にてデッキ紹介しました!

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。