ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

クロック・リザード【転生炎獣】

dandeです。

 

今回は、10月13日発売のSAVAGE  STRIKEに収録される《クロック・リザード》を取り上げます。

 

【転生炎獣】の新規がたくさん収録されたのも嬉しいのですが、テーマ外にも重要なカードが出ました。

《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》との相性が素晴らしい一枚。

 

 

  目次

 

 

【クロック・リザード

 

  

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左下/下】
サイバース族モンスター2体
(1):このカードをリリースして発動できる。自分の墓地から融合モンスター1体を選んでEXデッキに戻す。その後、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。相手フィールド上の特殊召喚されたモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで自分の墓地のサイバース族モンスターの数×400ダウンする。 

 

 

【転生炎獣で活躍できそう】

 

 

【サイバース族】で活躍するのはもちろんですが、【転生炎獣】においてもかなりの活躍が見込まれます。

 

その理由は、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》の効果です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

相手モンスターの攻撃力が変化していることが攻撃力アップの条件なので、《クロック・リザード》の効果と相性が良いです。

それだけでなく、墓地融合をする効果もあるので、墓地の《クロック・リザード》+【転生炎獣】を除外すれば、《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》を融合召喚できるようになりました。

 

手札消費がやや激しい【転生炎獣】にとって、墓地融合ができることはかなりのアドバンテージであり、デッキパワーがさらに上がったと言えるでしょう。

 

 

【まとめ】

 

 

《転生炎獣フォクサー》などの新規下級モンスターも有用なものが多く、【転生炎獣】は構築の見直しを迫られますね。

《おろかな重葬》も入るでしょう。ライフが半分になるので、《巨大化》との相性も良いですし。

 

改めて構築を見直して、記事にします。

 

ではでは。

 

※ 後日、デッキを組みました!

dandee.hatenablog.com