ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

BUMP OF CHICKEN 『Merry Christmas』 久しぶりに聴いてみた

dandeです。

 

もうすぐクリスマスですね。

 

皆さん、予定はもう決まってますか?

大切な人がいる方も、いない方も、楽しい一日になればいいなと願うばかり。

 

ちなみに私は後者です。

生まれてこのかた、クリスマスの時期に彼女がいたことがありません。なので、いわゆる「イルミネーションデート」なんてのもしたことがありません。

 

ただ最近は、趣味の時間や、こうしてブログを書いてる時間の方が楽しいので、羨ましい気持ちは、不思議とないです。まだまだ精神的に子どもなのでしょうね。

 

…と、前置きが長くなりました。

 

先日、BUMP OF CHICKEN が、新曲を発表しました。

今年は新曲ラッシュでしたが、まさか年越し前にもう一曲くるとは。

 

dandee.hatenablog.com

 

上記記事にも書いたとおり、聴いてるとクリスマスを思い浮かべるんですよね、『新世界』。

すると、浮かんでくるのは、必然的に『Merry Christmas』

 

当時は、PVのshort.ver と full.verの違いに驚かされたものです。

 


BUMP OF CHICKEN『Merry Christmas』3min Ver.

 


BUMP OF CHICKEN『Merry Christmas』Full Ver.

 

 

かなり好きな曲なんですが、ここ数年間は聴いてない気がしたので、久しぶりに聴いてみました。

感じたことを書いていきたいと思います。

 

 

  目次

 

 

【今でもやっぱり涙が出ます】

 

 

この曲は、人間の本質的な部分を突いていますね。

ここの歌詞は、特に。 

 

信号待ち 流れ星に驚く声

いつも通り見逃した どうしていつも

だけど今日はそれでも嬉しかったよ 誰かが見たのなら素敵な事だ

そんな風に思えたと伝えたくなる 誰かにあなたに伝えたくなる

優しくされたくて 見て欲しくて

 

「優しくされたくて  見て欲しくて」の部分は、ボーカルの歌声も相まって、心に突き刺さり、涙が流れたのを思い出します。

その時の気持ちとしては、「そう、そうなんだよ!」という強い共感でした。

 

今、改めて聴き直すと、感動するのは同じなのですが、その中身が共感というより、理解に近くなりました。少し客観的に見れるようになったということでしょうか。

 

 

【あの曲と本質的な部分が近い】

 

 

BUMPの曲は、自分の内側に問いかけるスタイルが多く、その捉え方によっては、自分の中だけで全てが完結してしまう場合があります。

 

でも、やっぱりそれだと不十分なんですよね。社会の中で生きている以上は。

「RAY」以降のBUMPは、そういったことも包み込んで歌ってくれているように感じます。

 

そんな中、先日シングルカットされた『話がしたいよ』は、久々に自分の中で完結する楽曲になっており、「昔のBUMP」を思い起こさせるものでした。それでいて、今のBUMPの良さも取り込んでいるという素晴らしい名曲です。

 

dandee.hatenablog.com

 

上記を踏まえて、『Merry Christmas』を聴くと、また違った聞こえ方をするんじゃないかと思います。

実際、私には以前とは違った感覚で聞こえました。

 

 

そう、『話がしたいよ』と根柢の部分が同じなんじゃないかという感覚です。

 

小ネタに近いですが、歌詞で共通している箇所として、

 

『Merry Christmas』・・・「街はまるでおもちゃ箱 手品みたいに 騙すように隠すようにキラキラ光る」

『話がしたいよ』・・・「街が立てる生活の音に一人にされた」

 

どちらも街で一人たたずむ寂しさを表現しています。

 

そして、主人公が考えていることは、

 

『Merry Christmas』・・・「今夜こそ優しくなれないかな 全て受け止めて笑えないかな 僕にも優しくできないかな あなたと楽しく笑えないかな」

『話がしたいよ』・・・「君がここにいたら 話がしたいよ」

 

「楽しく笑いたい」・「話がしたい」という違いはあるものの、「今は隣にいないあなた」との関係性を唄っている点では共通していますね。

 

 

【まとめ】

 

 

BUMPの楽曲は、後に改めて聴いてみると新しい発見があったりしますが、それに加えて、BUMP自身も歌詞の世界観が変化してきています。

 

今の楽曲と昔の楽曲を照らし合わせて考えてみると、また新たな発見があるかもしれませんね。

そんなことを思った今日でした。

 

では皆様、良いお年を!

 

 

 

 

・・・って、まだちょっと早いか。