ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

奇跡のマジック・ゲート 【コントロール奪取】

dandeです。

 

今回は、2月9日発売予定の 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION に収録される《奇跡のマジック・ゲート》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《奇跡のマジック・ゲート》】

 

 

通常魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで守備表示にする。
その後、そのモンスターのコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは戦闘では破壊されない。

 

コントロールを奪うというシンプルに強い効果。

「守備表示にする」というテキストのため、リンクモンスターが奪えないのは辛いところです。

 

 

【奪ったモンスターに制限がかからない】

 

 

コントロール奪取には制限が付き物ですが、《奇跡のマジック・ゲート》には奪ったモンスターには制限がかかりません。

 

最近登場した《大捕り物》にも制限があったことを思うと、【魔法使い族】はプッシュされていると感じますね。

 

永続罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 

また、「1ターンに1度」と書かれていないので、1ターンで連打することもできます。強い。

 

 

【幅広いデッキで採用できそう】

 

 

《奇跡のマジック・ゲート》の発動条件は、「魔法使い族2体以上」。

 

同パックに収録される《師弟の絆》を使えば、条件を満たせるので、【ブラック・マジシャン】デッキでの採用が考えられます。

 

dandee.hatenablog.com

 

他には、【魔術師】【EM】などの環境勢や、【魔導獣】【マジェスペクター】などのペンデュラムテーマが一番恩恵を受けそうな気がします。

 

今度発売されるストラクR の【エンディミオン】も、ペンデュラム主体ですし、《奇跡のマジック・ゲート》は今後注目されていきそうですね。

 

ではでは。