ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

『シーソーモンスター』 感想(前編)【伊坂幸太郎】

dandeです。

 

昨日、帰り道に立ち寄った書店で、伊坂幸太郎氏の新書が平積みされていました。

 

先日、アイネクライネナハトムジークの文庫本を読み終えたばかりで、なんともタイムリーでした。

(ちょうど発売の時期は、読書から離れていたので、今更の読了です。)

 

 

 

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

 

 

 

タイトルは、『シーソーモンスター』

 

すでに面白そうな気配しかしませんが、表紙をめくると ↓↓↓ の宣伝文句が。

 

 

 

「争いはなくならない。だとしたら、僕たちはどうすればいいんだろう。」

 

 

 

即買いして今に至ります。

 

 

 

  目次

 

 

【『シーソーモンスター』】

 

 

 

シーソーモンスター (単行本)

シーソーモンスター (単行本)

 

 

本書は、「シーソーモンスター」「スピンモンスター」の2篇で構成されています。

 

「螺旋プロジェクト」という企画のために執筆されたとのこと。

 

企画の詳しい内容は、本書の巻末に載っているので割愛しますが、古代から未来までの日本を舞台に「海族」と「山族」というふたつの一族の対立を描く競作企画とうたわれています。

 

「シーソーモンスター」は昭和後期、「スピンモンスター」は近未来、という設定です。

 

第1篇の「シーソーモンスター」まで読み終えてから気付いたんですが、カラー表紙のルビは「Seesaw Monster」なのに、表紙を外すと、「She saw a Monster ! 」になっているんですね。

 

細かい所でシャレが利いている。

 

 

【感想(前編)】

 

 

ネタバレは極力、避けています。「スピンモンスター」は未読なので、第1篇の「シーソーモンスター」までの感想です。

 

 

 

ストレートに面白かった。これぞエンタメ小説。

 

前作の『フーガはユーガ』は、個人的にはやや変化球だったので。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

「対立」をテーマにした企画で「嫁姑問題」というかなり身近なテーマを扱いながら、物語のスケールは意外と大きく、さすがのセンスだなと感じました。

 

出だしは何気ない日常の風景・会話ですが、30ページ辺りから展開が変わり始めます。

 

あとは最後まで一気読みでしたね、気付いたら夜中の1時でした。

伏線どうこうよりも純粋にストーリーを楽しめる内容になっていると思います。

 

第2篇の「スピンモンスター」にも期待しかありません。

今日中には軽く読み終えると思います。

 

 

【感想(後編)】

 

 

後編の感想も書きました。

やっぱり伊坂小説はおもしろい。

 

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。