読書

【感想】こうして社員は、やる気を失っていく【心理的安全性】

dandeです。 今回は、読書記事です。 【こうして社員は、やる気を失っていく】 【ざっくり感想】 【心理的安全性】 【傍観者性】 【こうして社員は、やる気を失っていく】 こうして社員は、やる気を失っていく リーダーのための「人が自ら動く組織心理」 作…

内向型を強みにする【おとなしい人の必読書】

dandeです。 今回は、久しぶりの読書記事になります。 【内向型を強みにする】 【概要】 【感想】 【内向型を強みにする】 内向型を強みにする パンローリング株式会社 Amazon 【概要】 「内向型」という心理学用語がタイトルになっていますが、わかりやすく…

2020年をふりかえる【読書 篇】

dandeです。 今回は、2020年の読書記事の総括になります。 昨年の記事は、こちら。 dandee.hatenablog.com 最近は忙しくて本を落ち着いて読めていません。 「今年はいまいち本を読めなかったなぁ…。」と思いながら記事を辿ってみると、今年は19記事ありま…

【前編】感想『「空気」の研究』(山本七平 著、文春文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 ただの名著でした。 日本人の必読書と言ってもいいかもしれません。 目次 【『「空気」の研究』】 【主な内容】 【『「空気」の研究』】 「空気」の研究 (文春文庫) 作者:山本 七平 発売日: 2018/12/04 メディア: Kindle版 …

感想『半沢直樹 アルルカンと道化師』(池井戸潤 著、講談社)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『半沢直樹 アルルカンと道化師』】 【感想】 【『半沢直樹 アルルカンと道化師』】 半沢直樹 アルルカンと道化師 作者:池井戸潤 発売日: 2020/09/17 メディア: Kindle版 「半沢直樹」シリーズ最新作。 ドラマ2期「…

感想『ブラック オア ホワイト』(浅田次郎 著、新潮文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『ブラック オア ホワイト』】 【ざっくり感想】 【『ブラック オア ホワイト』】 ブラック オア ホワイト (新潮文庫) 作者:次郎, 浅田 発売日: 2017/10/28 メディア: 文庫 読むのに時間が掛かりました。 浅田氏の著…

感想『半沢直樹4 銀翼のイカロス』(池井戸潤 著、講談社文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 ドラマ放送により話題となっている本書。 ネタバレは極力ない形で、感想を書いていきます。 目次 【『半沢直樹4 銀翼のイカロス』】 【ドラマ「半沢直樹」について】 【ざっくり感想】 【『半沢直樹4 銀翼のイカロス』】 …

感想『四畳半神話大系』(森見登美彦 著、角川文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 小説です。 目次 【『四畳半神話大系』】 【感想】 【斬新な文章構成】 【『四畳半神話大系』】 四畳半神話大系 (角川文庫) 作者:森見 登美彦 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 どうやらアニメ版もあるみたいですね。 …

感想『還暦からの底力-歴史・人・旅に学ぶ生き方』(出口治明 著、講談社現代新書)

dandeです。 今回は、読書記事。 久々に良い本を読んだなと感じています。 目次 【『還暦からの底力-歴史・人・旅に学ぶ生き方』】 【主な内容】 【高齢者について】 【現役世代について】 【『還暦からの底力-歴史・人・旅に学ぶ生き方』】 還暦からの底…

感想『夜行』(森見登美彦 著、小学館文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『夜行』】 【感想】 【『夜行』】 夜行 (小学館文庫) 作者:森見登美彦 発売日: 2019/10/04 メディア: Kindle版 【感想】 前回紹介した『夜は短し歩けよ乙女』と同じ作者の作品です。 dandee.hatenablog.com あちらと…

感想『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦 著、角川文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 前回に引き続き、小説です。 dandee.hatenablog.com 目次 【『夜は短し歩けよ乙女』】 【感想】 【『夜は短し歩けよ乙女』】 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 作者:森見 登美彦 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 一昔前…

感想『レプリカたちの夜』(一條次郎 著、新潮文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 最近は小説の比率を多くしています。 某ウイルスのせいで在宅時間が増えたので、感情の行き先として、小説は適していると思うからです。 そして、いろんなジャンルの小説に触れていきたい。 目次 【『レプリカたちの夜』】 …

感想『光』(三浦しをん 著、集英社文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『光』】 【感想】 【『光』】 光 (集英社文庫) 作者:三浦 しをん 発売日: 2013/10/18 メディア: 文庫 久々に小説でも読もうかなと思い、書店でぶらぶら探していた時にふと目に入って購入したもの。 特にあらすじも見…

感想『遅いインターネット』(宇野常寛 著、幻冬舎)

dandeです。 今回は、読書記事になります。 目次 【『遅いインターネット』】 【概要】 【感想】 【『遅いインターネット』】 遅いインターネット (NewsPicks Book) 作者:宇野常寛 発売日: 2020/02/19 メディア: Kindle版 同じ内容が繰り返し記述され、やや…

感想『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎 著、集英社)

dandeです。 今回は、読書記事。 小説です。 ※ 小説の全体像について触れるので、未読でネタバレを避けたい方はブラウザバックをお願いします。 目次 【『逆ソクラテス』】 【感想】 【『逆ソクラテス』】 逆ソクラテス 作者:伊坂 幸太郎 発売日: 2020/04/24…

感想『新・ほんとうにわかる経営分析』(高田直芳 著、ダイヤモンド社)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『新・ほんとうにわかる経営分析』】 【読んだきっかけ・感想】 【『新・ほんとうにわかる経営分析』】 [決定版] 新・ほんとうにわかる経営分析 作者:高田 直芳 発売日: 2016/02/13 メディア: 単行本(ソフトカバー)…

感想『官僚に学ぶ読書術』(久保田崇 著、マイナビ新書)

dandeです。 コロナウイルスによる自粛生活で、読書時間が少し増えた気がする今日この頃。 今回取り上げるのは、結構前に読んだ本なのですが、読書術に関するものです。 目次 【『官僚に学ぶ読書術』】 【内容について】 【『官僚に学ぶ読書術』】 官僚に学…

感想『クスノキの番人』(東野圭吾 著、実業之日本社)

dandeです。 今回は、読書記事。 発売されて間もないので、直接的なネタバレは避けますが、感想を読めばなんとなく結末が分かってしまうかもしれません。 先入観がない方が絶対楽しめるので、とりあえず先に原作を読みましょう。 面白かったということだけ言…

感想『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』(スティーブン・R・コヴィー 著、キングベアー出版)

dandeです。 今回は、読書記事。 久しぶりに「名著」の類を読んだ気がします。 目次 【『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』】 【本書の概要・感想】 【7つの習慣の構造について】 【各習慣の内容について】 【『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』】 完訳 7…

感想『異端のすすめ』(橋下徹 著、SB新書)

dandeです。 今回は、読書記事になります。 目次 【『異端のすすめ』】 【感想】 【『異端のすすめ』】 異端のすすめ 強みを武器にする生き方 (SB新書) 作者:橋下 徹 発売日: 2020/02/06 メディア: 新書 元・大阪府知事・大阪市長の橋下徹氏の新著です。 橋…

感想『100歳まで自分の歯を残す4つの方法』(齋藤博 著、講談社)

dandeです。 今回は、読書記事になります。 目次 【『100歳まで自分の歯を残す4つの方法』】 【本書を読んだきっかけ】 【感想】 【『100歳まで自分の歯を残す4つの方法』】 100歳まで自分の歯を残す4つの方法 改訂新版 (健康ライブラリー) 作者:齋藤 博 …

感想 『思考の整理学』(外山滋比古 著、ちくま文庫)

dandeです。 今回は、久々にして今年初めての読書記事。 目次 【『思考の整理学』】 【主な内容】 【『思考の整理学』】 思考の整理学 (ちくま文庫) 作者:外山 滋比古 発売日: 1986/04/24 メディア: 文庫 昭和に発売された古い本ですが、いまだに大学生の入…

2019年をふりかえる【読書 篇】

dandeです。 あけましておめでとうございます。 今回は、2019年の読書記事の総括です。 特に後半は、多くの本を紹介できたと思います。 読んだけど記事にしてない本はまだまだあるので、それは追って紹介できたらなと思います。 そんな2019年の私的ベスト本…

感想『砂漠』(伊坂幸太郎 著、実業之日本社文庫)

dandeです。 今回は、読書記事。 伊坂幸太郎氏の小説を取り上げるのは、『シーソーモンスター』以来。 dandee.hatenablog.com デビュー作から好んで読んできた作家さんで、今回の『砂漠』も例に漏れず、大学時代に一度読んでいます。 当時は、独特なキャラク…

感想『栗山ノート』(栗山英樹 著、光文社)

dandeです。 今回は、読書記事。 目次 【『栗山ノート』】 【総評】 【内容と感想】 【『栗山ノート』】 栗山ノート 作者:栗山 英樹 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2019/10/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) 現・日本ハムファイターズ監督の栗山英樹…

感想『量子コンピューターが本当にすごい』(竹内薫 著、PHP新書)

dandeです。 今回は、読書記事になります。 最近、Google や Amazon が実用・運用を出し始めていることから、注目が集まっている ”量子コンピューター” についてです。 目次 【『量子コンピューターが本当にすごい』】 【本書を読んだきっかけ】 【総評】 【…

感想『僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネスのつくられかた」』(アダム・オルター著、ダイヤモンド社)

dandeです。 今回は、読書記事です。 3ヶ月ほど前に読んだ本なのですが、最近の世間の話題で、ふとこの本を思い出したので、振り返りがてら、内容をまとめておきたいと思います。 【『僕らはそれに抵抗できない』 「依存症ビジネスのつくられかた」】 【総…

感想『マインドセット「やればできる!」の研究』(キャロル・S・ドゥエック著、草思社)

dandeです。 今回は、読書記事です。 目次 【『マインドセット「やればできる!」の研究』】 【ざっくり感想】 【『マインドセット「やればできる!」の研究』】 マインドセット「やればできる! 」の研究 作者: キャロル・S・ドゥエック,今西康子 出版社/メ…

『他人を支配したがる人たち』 感想(ジョージ・サイモン著、草思社文庫)

dandeです。 今回は、読書記事になります。 心理学に手を出してみました。 目次 【『他人を支配したがる人たち』】 【総評】 【主な内容】 【『他人を支配したがる人たち』】 文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫) 作者:ジョージ サイモン 発売日: 20…

感想『戦略読書』(三谷宏治 著、ダイヤモンド社)

dandeです。 今回は、久しぶりの読書記事です。 目次 【『戦略読書』】 【総評】 【主な内容】 【『戦略読書』】 戦略読書 作者: 三谷宏治 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/12/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件…