ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

アフター・グロー【4000バーン】

dandeです。

 

今回は、6月20日発売予定の COLLECTION PACK 2020 に収録される《アフター・グロー》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《アフター・グロー》】

  

 

 

通常魔法
このカード名のカードはデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキ・墓地及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、このカードを含む「アフター・グロー」を全て除外する。
その後、除外されている自分のカードの中から「アフター・グロー」1枚を選んでデッキに加える。
次の自分ドローフェイズに、通常のドローをしたカードをお互いに確認する。
それが「アフター・グロー」だった場合、相手に4000ダメージを与える。

 

アニメ『遊戯王5D's』の終盤で、希望野郎 あるキャラが使ったカードがついにOCG化。

使われたのがなかなか印象的なシーンだったので、OCG化を望んでいた人は多いでしょう。

 

4000バーンなのでワンキルとはいきませんが、後述のように「相手ライフを半分にする」効果と組み合わせればワンキルも可能です。

 

 

【やはりワンキルを狙いたい】

 

 

再現度の高いOCG化をしてくれたおかげで、《アフター・グロー》によるワンキルも十分に可能なレベルになっています。

 

まずは《アフター・グロー》が手札になければ話にならないので、《左腕の代償》は必須。

 

通常魔法
このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
(1):このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

《アフター・グロー》は除外ゾーンにあっても問題なく、デッキに加えるだけでセットを伴わないので、《左腕の代償》のデメリットとは無縁です。

 

 

次に、相手ライフを半分にする方法について。

 

使いやすいのは《D-HERO ドグマガイ》《先史遺産アトランタル》辺りでしょうか。

 

 

前者は《E・HERO シャドー・ミスト》などサーチ手段が豊富で、後者は【アダマシア】を絡めた《先史遺産トゥスパ・ロケット》による展開でエクシーズ召喚が可能です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

そして肝心の《アフター・グロー》をデッキトップに置く方法について。

 

《D-HERO ダークエンジェル》が有力な1枚。

上記の《D-HERO ドグマガイ》とも噛み合っています。

 

効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻   0/守   0
(1):自分の墓地の「D-HERO」モンスターが3体以上の場合、このカードを手札から捨て、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が発動した魔法カードの効果は無効化され破壊される。
(3):自分スタンバイフェイズに自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 

他にも《雷劫龍-サンダー・ドラゴン》《銀河衛竜》などがあるので、デッキを組む際にはひととおり確認しておきましょう。

 

 

【デッキレシピ】

 

 

後日、《アフター・グロー》を使ったデッキを紹介しました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 ではでは。