プランキッズ・ミュー【展開力の革命】

dandeです。

 

今回は、8月8日発売予定の PHANTOM RAGE に収録される《プランキッズ・ミュー》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《プランキッズ・ミュー》】

 

  

 

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/岩石族/攻1000
【リンクマーカー:下】
レベル4以下の「プランキッズ」モンスター1体
自分は「プランキッズ・ミュー」を1ターンに1度しかリンク召喚できず、その効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手ターンに自分フィールドの「プランキッズ」モンスターが効果を発動するために自身をリリースする場合、代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

 

【プランキッズ】使いにとっては、待望の【リンク1】

 

テーマの登場から約2年

ついに安定した初動を手に入れましたね。

 

このカードの登場により、【プランキッズ】のリンクモンスターに【風属性】・【水属性】・【炎属性】・【地属性】が揃ったので、《風林火山》の成功率が上がったのもポイントです。

 

 

 

【展開力の革命】

 

 

下級【プランキッズ】はリンク素材として墓地に送られた時に、後続の【プランキッズ】をSSする共通効果を持っています。

 

つまり、下級【プランキッズ】1体を出すだけで、《プランキッズ・ミュー》⇒ リクルート効果 ⇒《プランキッズ・ドゥードゥル》へと繋げられるようになったということです。

 

 

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/雷族/攻2000
【リンクマーカー:左/下】
「プランキッズ」モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「プランキッズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードをリリースし、リンクモンスター以外の自分の墓地の「プランキッズ」カード2枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを手札に加える。

 

一見そこまで強くないように見えますが、後述のとおり、下級1枚から出せる展開量としては破格の展開ルートがあります。

 

【展開ルート】

 

 

《プランキッズ・ミュー》の登場により、【プランキッズ】は、下級キッズ1枚から《プランキッズ・ハウスバトラー》+《プランキッズ・ロアゴン》を並べるテーマへと変貌しました。

 

 

 

その展開ルートを紹介します。

 

【サンダー・ドラゴン】を絡めて《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を出していますが、これは基本展開に超雷龍をプラスしているだけです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

 

 《プランキッズ・ランプ》を通常召喚

⇒《プランキッズ・ランプ》1体で《プランキッズ・ミュー》をリンク召喚

⇒《プランキッズ・ランプ》の効果で、デッキから《プランキッズ・ロック》をSS

⇒《プランキッズ・ミュー》+《プランキッズ・ロック》の2体で《プランキッズ・ドゥードゥル》をリンク召喚

⇒《プランキッズ・ドゥードゥル》の効果で、デッキから《プランキッズの大暴走》をサーチ

⇒《プランキッズ・ロック》の効果で、手札の《雷電龍-サンダー・ドラゴン》を除外して、デッキから《プランキッズ・パルス》をSS

⇒《雷電龍-サンダー・ドラゴン》の効果で、デッキから《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》をサーチ

⇒《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》の効果で、自身を手札から捨てて、除外ゾーンから《雷電龍-サンダー・ドラゴン》をSS

⇒《雷電龍-サンダー・ドラゴン》1体で《超雷龍-サンダー・ドラゴン》をSS

⇒《プランキッズの大暴走》を発動し、《プランキッズ・ドゥードゥル》+《プランキッズ・パルス》の2体で《プランキッズ・ロケット》を融合召喚

⇒《プランキッズ・パルス》の効果で、デッキから《プランキッズの大作戦》を墓地へ送り《プランキッズ・ドロップ》をSS

⇒《プランキッズ・ロケット》の効果で、自身をリリースし、墓地から《プランキッズ・ドゥードゥル》+《プランキッズ・パルス》をSS

⇒《プランキッズ・ドゥードゥル》の効果で、自身をリリースし、墓地から《プランキッズの大暴走》+《プランキッズの大作戦》を回収

⇒《プランキッズ・ドロップ》+《プランキッズ・パルス》の2体で《プランキッズ・バウワウ》をリンク召喚

⇒《プランキッズ・ドロップ》の効果で、デッキから《プランキッズ・パルス》をSS

⇒《プランキッズの大暴走》+《プランキッズの大作戦》をセットしてエンド

 

 (相手ターンに移行)

 

 《プランキッズ・バウワウ》の効果で、墓地から《プランキッズ・ドロップ》+《プランキッズ・ランプ》を回収

(発動の際に、《プランキッズ・ミュー》の墓地効果でコストを肩代わり)

⇒《プランキッズの大暴走》を発動し、《プランキッズ・ランプ》+《プランキッズ・ドロップ》+《プランキッズ・パルス》の3体で《プランキッズ・ハウスバトラー》を融合召喚

⇒《プランキッズ・ドロップ》の効果で、デッキから《プランキッズ・ロック》をSS

⇒《プランキッズ・ランプ》の効果で、デッキから《プランキッズ・ドロップ》をSS

⇒《プランキッズ・パルス》の効果で、デッキから《プランキッズ・プランク》を墓地へ送り《プランキッズ・ランプ》をSS

⇒《プランキッズの大作戦》を発動し、《プランキッズ・バウワウ》+《プランキッズ・ロック》+《プランキッズ・ドロップ》の3体で《プランキッズ・ロアゴン》をリンク召喚

⇒《プランキッズ・ロック》の効果で、デッキから《プランキッズ・パルス》をSS

 

【プランキッズ】の躍進は、まだ始まったばかり。

 

これから研究が進み、さまざまな展開ルートが生み出されるでしょう。

私も引き続き検討していきたい。

 

ではでは。