黄金狂エルドリッチ【超融合のカモ】

dandeです。

 

今回は、10月31日発売予定の BLAZING VORTEX に収録される《黄金狂エルドリッチ》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《黄金狂エルドリッチ》】

  

 

 

融合・効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻3800/守3500
「エルドリッチ」モンスター+レベル5以上のアンデット族モンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「黄金卿エルドリッチ」として扱う。
(2):フィールドのこのカードは戦闘・効果で破壊されない。
(3):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃できず、効果を発動できない。

 

新たな【エルドリッチ】であり、まさかの融合モンスター。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

カード名が「黄金卿」から「黄金狂」へ…。

 

ついに頭がイっちまったようですね。

 

 

【コントロール奪取】

 

 

《黄金狂エルドリッチ》の(3)効果は、コントロール奪取です。

 

対象を取るものの、永続のコントロール奪取が弱いはずがなく。

 

 

墓地送り、対象を取らない破壊墓地除外万能カウンターなど、様々な除去手段を持つ【エルドリッチ】が新たに得てしまった対応力。

 

ほんと強いですね、このテーマ。

まあ、カードパワーもイっちまってますからね。

 

 

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(アンデット族・光・星5・攻500/守1800)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
(2):自分・相手のエンドフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 

 

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードは発動後、通常モンスター(アンデット族・光・星5・攻1800/守1500)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
自分フィールドに「黄金卿エルドリッチ」が存在する場合、さらに自分・相手の墓地のカード1枚を選んで除外できる。
(2):自分・相手のエンドフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 

 

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「エルドリッチ」モンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

【《超融合》のカモ】

 

 

そんな【エルドリッチ】ですが、強さを手に入れたと同時に、脆さも抱えてしまったようです。

 

《超融合》で吸われてしまうんですね。

 

 

速攻魔法(準制限カード)
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

ミラー戦とか大変そうです。

 

《黄金卿エルドリッチ》+《黄金郷のコンキスタドール》の2体で《黄金狂エルドリッチ》を超融合されてしまうので、プレイングに気をつけましょう。

 

ではでは。