ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

【アンケート】マスタールール改定後に使いたい召喚法

dandeです。

 

今回は、Twitter で実施したアンケートを紹介します。

 

 

  目次

 

 

【アンケート結果】

 

 

アンケートの内容と結果は、↓↓ のとおり。

 

 

 

【感想】

 

 

2020年4月のマスタールール改定により、EXデッキの融合・シンクロ・エクシーズモンスターは、メインモンスターゾーンにも出せるようになりました。

リンクモンスターを経由せずとも、展開できるようになったということですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

それらの召喚法のうち、最も多くの票を集めたのはシンクロ召喚でした。

 

 

シンクロ召喚は、ここ数年の遊戯王の中で、最も勢いがあった時期の召喚法だと思います。

カードパワーのインフレ・高速化が始まったのも、シンクロ召喚の導入後といえるでしょう。

 

シンクロ召喚の持ち味は、何と言っても大量・高速展開です。

 

シンクロ台頭期の雄【シンクロアンデット】、かつての環境初頭の常連【ドラグニティ】、横展開お化け【カラクリ】、シンクロの代表格【ジャンクドッペル】【インフェルニティ】など、枚挙にいとまがありません。

 

カード単体でいえば、《氷結界の龍トリシューラ》のような切り札級の大型や、《ダーク・ダイブ・ボンバー》(エラッタ前)というフィニッシャー、《ナチュル・ビースト》のような制圧系など、大量展開しながら並べられる強力なモンスター達がいました。

 

 

そして、10期最後のシンクロテーマとして登場するのは、【魔救(アダマシア)】

 

dandee.hatenablog.com

 

【アダマシア】も同じく、大量・高速展開を得意としたテーマであり、新しいマスタールールにも適応した動きができます。

 

シンクロテーマが、11期にかつての輝きを取り戻せるかどうかは、これからの新規テーマやリンクモンスターの登場にもよりそうです。

 

10期の相棒・《水晶機巧-ハリファイバー》とのお別れもそろそろ訪れそうなので、4月に向けて構築を考えていかないといけませんね。

 

dandee.hatenablog.com

 

ではでは。