剣闘獣+鉄獣戦線による制圧展開ルート【少考察】

dandeです。

 

今回は、【鉄獣戦線(トライブリゲード)】を使った【剣闘獣】の展開ルートを紹介します。

 

前回の少考察は、こちら。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

  目次

 

 

【剣闘獣について】

 

 

【剣闘獣】は、《剣闘獣総監エーディトル》の効果で融合モンスターを複数展開する、制圧を得意としたテーマです。

 

 

融合・効果モンスター
星8/闇属性/獣戦士族/攻2400/守3000
レベル5以上の「剣闘獣」モンスター×2
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):1ターンに1度、発動できる。
EXデッキから「剣闘獣総監エーディトル」以外の「剣闘獣」融合モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):自分の「剣闘獣」モンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にそのモンスター1体を持ち主のデッキ・EXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

 

(1)効果に同名ターン1制限がないことがポイントで、効果を使った後に墓地へ送ってから蘇生したり、2体目の《剣闘獣総監エーディトル》をSSすれば、もう一度(1)効果を発動できます。

 

これにより《剣闘獣ドミティアノス》《剣闘獣ヘラクレイノス》といった大型制圧モンスターをSSするのが【剣闘獣】の制圧展開です。

 

 

融合・効果モンスター
星10/闇属性/海竜族/攻3500/守1200
「剣闘獣ウェスパシアス」+「剣闘獣」モンスター×2
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターの攻撃対象は自分が選択する。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のEXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。 

 

 

融合・効果モンスター
星8/炎属性/獣戦士族/攻3000/守2800
「剣闘獣ラクエル」+「剣闘獣」と名のついたモンスター×2
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、手札を1枚捨てる事で、魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

 

 

新マスタールールの恩恵を最も受けたとも言われる【剣闘獣】。

【鉄獣戦線】の登場により、さらなる展開力と安定性を得ることとなりました。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【鉄獣戦線について】

 

 

【鉄獣戦線】は、下級モンスターの効果でリンクモンスターを複数展開するテーマです。

 

dandee.hatenablog.com

 

効果で出せるリンクモンスターは【獣族】【獣戦士族】【鳥獣族】なので、《剣闘獣ドラガシス》を簡単にSSできる点で【剣闘獣】との相性が良いです。 

 

 

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/鳥獣族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「剣闘獣」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「剣闘獣」モンスターが攻撃する場合、そのモンスターはその戦闘では破壊されず、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードを持ち主のEXデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター2体を特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 

今回の展開ルートも、《剣闘獣ドラガシス》からの展開となっています。

 

 

【展開ルート】

 

 

 

 《鉄獣戦線フラクトール》の効果で、デッキから《鉄獣戦線ナーベル》を墓地へ送る

⇒《鉄獣戦線ナーベル》の効果で、デッキから《鉄獣戦線フラクトール》をサーチ

⇒《鉄獣戦線フラクトール》を通常召喚し、効果でEXデッキから《剣闘獣ドラガシス》をSS

 

(バトルフェイズに移行)

 

 《剣闘獣ドラガシス》で攻撃(戦闘破壊されない)

⇒バトルフェイズ終了時に、《剣闘獣ドラガシス》の効果でデッキから《剣闘獣ノクシウス》+《剣闘獣ウェスパシアス》をSS

⇒《剣闘獣ノクシウス》の効果で、デッキから【鳥獣族】の【剣闘獣】(ここでは《剣闘獣アウグストル》)を墓地に送る

⇒《剣闘獣ノクシウス》+《剣闘獣ウェスパシアス》をデッキに戻して、EXデッキから《剣闘獣総監エーディトル》をSS

⇒《剣闘獣総監エーディトル》の効果で、EXデッキから《剣闘獣ドミティアノス》をSS

⇒《剣闘獣総監エーディトル》+《鉄獣戦線フラクトール》の2体で《スレイブパンサー》をリンク召喚し、効果でデッキから《再起する剣闘獣》をサーチ

⇒《再起する剣闘獣》を発動し、墓地から《剣闘獣総監エーディトル》をSS

⇒《剣闘獣総監エーディトル》の効果で、EXデッキから《剣闘獣ヘラクレイノス》をSS

⇒《スレイブパンサー》の効果で、《剣闘獣総監エーディトル》をEXデッキに戻し、デッキから《剣闘獣ダリウス》をSS

⇒《剣闘獣ダリウス》の効果で、墓地から《剣闘獣アウグストル》をSS

⇒《スレイブパンサー》+《剣闘獣アウグストル》の2体で《王神鳥シムルグ》をリンク召喚

 

(エンドフェイズに移行)

 

⇒《王神鳥シムルグ》の効果で、デッキから《烈風の結界像》をSS

 

結果的に、以前紹介した【鉄獣戦線】+【炎星】のアストラム結界像展開に近いものになりました。

 

dandee.hatenablog.com

 

《双穹の騎士アストラム》による《烈風の結界像》への攻撃阻止を、今回は《剣闘獣ドミティアノス》によって実現しています。

 

 

《スレイブパンサー》のサーチ効果とリクルート効果を両方生かしたルートになったので、個人的には満足です。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

今後の課題としては、《剣闘獣ドミティアノス》を出す直前に《原始生命態ニビル》の発動を許してしまう点。

 

dandee.hatenablog.com

 

さらなる最適ルートを探していきたい。

 

ではでは。