シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX【新たなTGシンクロ】

dandeです。

 

今回は、12月21日発売予定の LEGENDARY GOLD BOX に収録される《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》を取り上げます。

 

ネーミングからして素晴らしい【TG】新規。

イラストアドも非常に高いです。

 

 

 

 

【《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》】

 

 

 

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果が発動した時、自分の墓地からチューナー1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
(3):相手ターンに、このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのSモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

【TG】デッキでは、シンクロ召喚は容易。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【TG】でいえば、《TGブレード・ガンナー》と同じシンクロ素材を指定しています。

 

 

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。
また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。
次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

 

 

素材だけでなく、(1)効果も、《TGブレード・ガンナー》と《シューティング・スター・ドラゴン》の効果をミックスしたようなテキストになっていて、こだわりを感じました。

(2)効果は、《シューティング・スター・ドラゴン》の効果をもじっていますね。

 

 

 

《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》は、【TG】カードなので、《TGトライデント・ランチャー》の制約に引っ掛からないのはもちろん、《TGトライデント・ランチャー》や《TGハルバード・キャノン》の効果で蘇生できるのも大きい。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【(3)効果について】

 

 

《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》の(3)効果は、サクリファイス・エスケープに使えるトリッキーな効果ですが、コストが重いのが辛いところ。

 

リリースされた時に復活する《オルターガイスト・ドラッグウィリオン》を使うなど、工夫したいところです。

 

 

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2200/守1200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):特殊召喚された相手モンスターの攻撃宣言時に、自分フィールドの「オルターガイスト」モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
その攻撃を無効にする。
(2):このカードがリリースされ墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 

他には、自己再生効果を持つシンクロモンスターも候補でしょうか。

(例:《フォーチュンレディ・エヴァリー》、《HSRマッハゴー・イータ》、【魔妖】など)

 

 

なお、《TGハルバード・キャノン》は、リリースするとタイミングを逃すので注意。

バスター化して救済されたかと思いきや、ここでもまたハブられるハルバード・キャノン…。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

とはいえ、【TG】デッキにとって、シンクロの選択肢が増えたことは間違いありません。

 

《シューティング・スター・ドラゴン・TG-EX》+《シューティング・スター・ドラゴン》の盤面を作ってみたいですね。

 

ではでは。