ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

戦華史略-十万之矢【デッキから戦華史略を置く】

dandeです。

 

今回は、1月11日発売予定の ETERNAL CODE に収録される《戦華史略-十万之矢》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《戦華史略-十万之矢》】

 

 

f:id:dandee:20200111124110j:plain

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体と自分フィールドの「戦華」モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力を半分にし、その数値分その自分のモンスターの攻撃力をアップする。
(2):自分フィールドの「戦華」モンスターの属性が2種類以上で、このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札・デッキから「戦華史略-十万之矢」以外の「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を自分フィールドに表側表示で置く。

 

(1)効果は、【戦華】の戦闘を補助するもの。

いわゆる【魏】勢が戦闘を前面に押し出した性能になっているので、それを補助できる新規カードとなったのでしょうか。

 

 

【デッキから戦華史略を置く】

 

 

【戦華】のキーカードに、《戦華史略-三顧礼迎》があります。

初手にこのカードを握れるかどうかが、【戦華】デッキの動きを左右します。

 

f:id:dandee:20191031004832j:plain

  

しかし、これまでは有力なサーチ手段が少なく、コストとして永続魔法が必要な《戦華の美-周公》がメインでしたが、なかなか安定しませんでした。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

そこに登場したのが、今回の《戦華史略-十万之矢》。

 

【戦華】の属性が2種類以上という条件がやや厳しいですが、そこは《戦華の仲-孫謀》の効果で《戦華の智-諸葛孔》をサーチする動きで満たしていきましょう。

《炎舞-「天枢」》の重要性も増しましたね。

 

dandee.hatenablog.com

 

f:id:dandee:20191222160728j:plain


 

また、一見すると見落としがちですが、《戦華史略-十万之矢》の(2)効果は、墓地へ送られさえすればいいので、《おろかな副葬》で墓地に送っても発動します。

 

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

《おろかな副葬》は、《戦華史略-長坂之雄》の墓地効果とも相性がいいので、【戦華】では使いやすいですね。

 

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(2):相手のバトルフェイズ開始時に、魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、相手は「戦華」モンスターを攻撃対象にできない。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

ではでは。