ジェネクスと歩む遊戯王日記

第2期からの古参ファンデッカー。遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

轟の王ハール【効果の発動を無効】

dandeです。

 

今回は、《轟の王ハール》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《轟の王ハール》】

 

 

f:id:dandee:20200117003423j:plain

効果モンスター
星9/闇属性/魔法使い族/攻3000/守3000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「轟の王 ハール」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(3):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

新たな【王】。

 

(2)効果は、相手にドローさせながら戦う【王】のテーマに沿った効果です。

 

対象を取ることなく、プレイヤーに選ばせるという最も強い形式。

 

《永の王オルムガンド》のドロー効果が、明確なメリットになりますね。

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/地属性/爬虫類族/攻   ?/守   ?
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「永の王 オルムガンド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。
(3):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。
その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカードを1枚選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。 

 

 

【効果の発動を無効】

 

 

《轟の王ハール》の(3)効果は、魔法・罠・モンスターの効果を無効にする優秀な効果。

 

リリースコストは、《王の舞台》で生成されるジェネレイドトークンで問題ないでしょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

これまで除去効果が中心だった【王】にも、ついに制圧系モンスターが与えられたことになります。

もちろん《王の舞台》が除去されるのを防ぐ役割も。

 

《王の影ロプトル》とともに、新しい【王】デッキの象徴となりそうですね。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

ではでは。