ジェネクスと歩む遊戯王日記

遊戯王Wikiの一歩先へ、を意識して書いています。

MENU

大霊術-「一輪」【効果無効&入れ替えサーチ】

dandeです。

 

今回は、《大霊術-「一輪」》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《大霊術-「一輪」》】

 

 

 

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動したモンスターの効果を無効にする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
手札の魔法使い族モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ属性で攻撃力1500/守備力200のモンスター1体をデッキから手札に加え、見せたカードをデッキに戻す。

 

ふつくしい……。

 

【霊使い】にとっての貴重な妨害札であり、サーチ札でもあります。

フィールド魔法なので、サーチもしやすい。

 

ただ、【霊使い】は裏側守備で出すテーマなのに、守備力1500の【魔法使い族】が表側表示で存在することを要求しているのが、絶妙に噛み合っていません。

 

《太陽の魔術師エダ》の効果を使えば、守備力1500の【魔法使い族】+裏側守備の【霊使い】を並べられますが、これがうまく決まる前提でデッキを組むのは危険でしょう。

 

 

《大霊術-「一輪」》を採用する場合は、(2)のサーチ効果も使える構築にした方が良さそうです。

 

 

【効果無効&入れ替えサーチ】

 

 

上記のように、【霊使い】単体では《大霊術-「一輪」》のパワーを十分に発揮できない気がするので、他テーマとの混合を考えてみます。

 

まずは《教導の聖女エクレシア》

自身をSSする効果を持っており、ちゃっかり守備力1500です。

 

【ドラグマ】をサーチする効果がありますが、これを使ってしまうとSS制約がかかるので、SS効果だけで我慢しましょう。

 

dandee.hatenablog.com

 

※ このデッキは、ストラクチャーデッキ登場前のものです。

また時間があったら、ストラク登場後の構築を紹介するかもしれません。

 

 

次に、【インティクイラ】のキーカードである《使神官-アスカトル》シナジーがある1枚。

 

dandee.hatenablog.com

 

霊使いストラクに収録される《憑依覚醒-デーモン・リーパー》を絡めた展開で、妨害札の《憑依連携》を構えられます。

 

 

他にも【魔術師】や【墓守】など、シナジーしそうなテーマは多数。

 

いま考えてるのは《太陽の魔術師エダ》の効果で《墓守の祈祷師》をSSして相手ターンに反転させて墓地メタをかます流れ。

 

遊戯王 LVAL-JP033-N 《墓守の祈祷師》 Normal

遊戯王 LVAL-JP033-N 《墓守の祈祷師》 Normal

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

最後に、《大霊術-「一輪」》のサーチ効果について。

 

これで安定して霊使いのお供たち(《デーモン・イーター》《稲荷火》《ジゴバイト》《ランリュウ》)を呼び出せるようになりました。

 

ただ個人的には《死神鳥シムルグ》をサーチできる点が面白いと思っています。

 

 

効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻1500/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「死神鳥シムルグ」以外の「シムルグ」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在し、相手の魔法&罠ゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族モンスターしか特殊召喚できない。

 

《死神鳥シムルグ》1枚から《王神鳥シムルグ》をリンク召喚できるので、エンド時に《霞の谷の巨神鳥》をSSする流れができます。

 

dandee.hatenablog.com 

 

《霞の谷の巨神鳥》は、かつて【魔術師】でも使われたカードですが、《大霊術-「一輪」》の効果で《白翼の魔術師》をデッキに戻せば《死神鳥シムルグ》をサーチできるので、【シムルグ】の取り込みはありじゃないかなと思っています。

 

 

《白翼の魔術師》のPスケールは1。

そして守備力1500の《慧眼の魔術師》のPスケールは5です。

 

 

もう少しでデッキになりそう。

 

ではでは。

ドラグニティ・グロー【ソリティア展開の起点】

dandeです。

 

今回は、8月29日発売予定の ストラクチャーデッキR-ドラグニティ・ドライブ-に収録される《ドラグニティ・グロー》を取り上げます。

 

 

  目次

 

 

【《ドラグニティ・グロー》】

 

 

f:id:dandee:20200628161211j:plain

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のデッキ・墓地からレベル5以上の「ドラグニティ」モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、「ドラグニティ」モンスターが装備している自分の魔法&罠ゾーンのモンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを守備表示で特殊召喚する。

 

まずイラストがかっこいい。

 

どうやら《ドラグニティアームズ-グラム》《氷結界の龍 グングニール》が戦っているようです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

これは《天龍雪獄》と同様の構図ですね。

イラストと効果に関連性はないと思いますが、こういうイラストはどんどん出してほしい。

 

dandee.hatenablog.com

 

また、【ドラグニティ】魔法なので《ドラグニティナイト-ロムルスの効果でサーチできるのもポイントです。

 

dandee.hatenablog.com

 

 

【上級ドラグニティをサーチ】

 

 

《ドラグニティ・グロー》の(1)効果で、上級【ドラグニティ】をサーチ・サルベージできます。

 

サーチの筆頭候補は、展開の起点となる《ドラグニティアームズ-ミスティル》でしょう。

 

 

後で紹介する展開ルートでも説明しますが、《ドラグニティアームズ-ミスティル》の効果で装備した【ドラグニティ】を《ドラグニティ・グロー》の(2)効果でSSできる点が重要です。

 

ただ個人的には、かつて【レヴァライダー】のコンボで使われていた《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》も推したい。

 

dandee.hatenablog.com

 

《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の効果で《ドラグニティ-ファランクス》を装備することで、《ドラグニティナイト-アラドヴァル》シンクロ召喚にも繋がりますからね。 

 

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守3200
「ドラグニティ」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果を発動した時、自分の墓地から「ドラグニティ」モンスター1体を除外して発動できる。
その発動を無効にし除外する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを除外する。
(3):S召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 

専用サーチカードが出たことで、【レヴァライダー】のコンボ成功率も上がりそうです。

 

 

【展開ルート】

 

 

最後に、《ドラグニティ・グロー》の効果を活かした展開ルートを紹介します。

 

展開の起点として使うのは《霞の谷の幼怪鳥》

 

 

手札から捨てられた時に自身をSSできるチューナーです。

《ドラグニティナイト-ガジャルグ》の効果で捨てることで、SS効果を起動できます。

 

 

 

展開ルートの動画は、こちら。

 

 

 《竜の渓谷》を発動し、手札の《ドラグニティ-ファランクス》を捨てて、デッキから《ドラグニティ-ドゥクス》をサーチ

⇒《ドラグニティ-ドゥクス》を通常召喚し、効果で墓地の《ドラグニティ-ファランクス》を装備

⇒《ドラグニティ-ファランクス》を自身の効果でSS

⇒《ドラグニティ-ファランクス》+《ドラグニティ-ドゥクス》の2体で《ドラグニティナイト-ガジャルグ》をシンクロ召喚

⇒《ドラグニティナイト-ガジャルグ》の効果で、デッキから《霞の谷の幼怪鳥》をサーチして捨てる

⇒《霞の谷の幼怪鳥》の効果で、自身をSS

⇒《ドラグニティナイト-ガジャルグ》+《霞の谷の幼怪鳥》の2体で《ドラグニティナイト-ロムルス》をリンク召喚し、効果でデッキから《ドラグニティ・グロー》をサーチ

⇒《ドラグニティ・グロー》を発動し、デッキから《ドラグニティアームズ-ミスティル》をサーチ

⇒《ドラグニティアームズ-ミスティル》の効果で、《ドラグニティナイト-ロムルス》を墓地へ送り自身をSSし、効果で墓地の《ドラグニティナイト-ガジャルグ》を装備

⇒墓地の《ドラグニティ・グロー》の効果を発動し、装備されている《ドラグニティナイト-ガジャルグ》をSS

⇒《ドラグニティナイト-ガジャルグ》の効果で、デッキから《BF-精鋭のゼピュロス》をサーチして捨てる

⇒《ドラグニティアームズ-ミスティル》+《ドラグニティナイト-ガジャルグ》の2体で《聖刻龍王-アトゥムス》をエクシーズ召喚

⇒《聖刻龍王-アトゥムス》の効果で、X素材の《ドラグニティアームズ-ミスティル》を取り除き、デッキから《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》をSS

⇒《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の効果で、墓地の《ドラグニティアームズ-ミスティル》を装備

⇒墓地の《BF-精鋭のゼピュロス》の効果で、装備されている《ドラグニティアームズ-ミスティル》を手札に戻し、自身をSS

⇒《ドラグニティアームズ-ミスティル》の効果で、《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》を墓地へ送り自身をSSし、効果で墓地の《ドラグニティ-ファランクス》を装備

⇒《ドラグニティ-ファランクス》+《聖刻龍王-アトゥムス》の2体で《水晶機巧-ハリファイバー》をリンク召喚し、効果でデッキから《ドラグニティ-クーゼ》をSS

⇒《ドラグニティ-クーゼ》+《BF-精鋭のゼピュロス》の2体で《ドラグニティナイト-バルーチャ》をシンクロ召喚し、効果で墓地の《ドラグニティ-ファランクス》+《ドラグニティ-クーゼ》+《ドラグニティナイト-ガジャルグ》の3枚を自身に装備

⇒装備されている《ドラグニティ-クーゼ》を自身の効果でSS

⇒装備されている《ドラグニティ-ファランクス》を自身の効果でSS

⇒《ドラグニティ-クーゼ》1体で《守護竜ピスティ》をリンク召喚

⇒《ドラグニティ-ファランクス》+《ドラグニティアームズ-ミスティル》の2体で《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をシンクロ召喚し、効果で墓地の《ドラグニティナイト-ロムルス》を装備

⇒墓地の《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の効果で、《ドラグニティナイト-バルーチャ》を除外して自身をSSし、効果で墓地の《ドラグニティ-ファランクス》を装備

⇒装備されている《ドラグニティ-ファランクス》を自身の効果でSS

⇒《水晶機巧-ハリファイバー》+《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の2体で《スリーバーストショット・ドラゴン》をリンク召喚

⇒《守護竜ピスティ》の効果で、墓地から《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》をSSし、効果で墓地の《ドラグニティ-クーゼ》を装備

⇒装備されている《ドラグニティ-クーゼ》を自身の効果でSS

⇒《ドラグニティ-クーゼ》+《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》の2体で《ドラグニティナイト-アラドヴァル》をシンクロ召喚

⇒《守護竜ピスティ》+《ドラグニティ-ファランクス》の2体で《天球の聖刻印》をリンク召喚

⇒《スリーバーストショット・ドラゴン》+《天球の聖刻印》の2体で《ユニオン・キャリアー》をリンク召喚し、効果でデッキから《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を《ドラグニティナイト-アラドヴァル》に装備

 

大昔の初動である《ドラグニティ-ドゥクス》+《ドラグニティ-ファランクス》はそのまま。

 

かつての相棒である《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》にも頼らず、メインエンジンの大半を【ドラグニティ】で回しています。

 

《ドラグニティ・グロー》の登場で、【ドラグニティ】は新たな展開手段を得ることとなりました。

 

引き続き展開ルートを考えていきたいと思います。

 

ではでは。